これまでとは違う客観的意見が増えてきました。

アイヌ語
https://www.facebook.com/groups/1494961744095018/

前回ブログで紹介させて頂いた『沖縄戦英霊顕彰靖國集会』での峰崎椿さんのスピーチの様にアイヌ問題やアイヌ史に疑問と危惧を持ち客観的な視点で意見を述べる方が増えてきたことは本当に心強く思います。
今回は、私も参加しているフェイスブックのグループ『アイヌの真実』に合田一彦さんが投稿して下さった文章を原文のまま紹介させて頂きます。(アイヌの真実は公開グループまので、どなたでも閲覧投稿が出来ますので是非ご参加下さい)⇓
フェイスブック公開グループ『アイヌの真実

『 既に旧聞ですが、2009年のユネスコ発表の「独立言語」に「アイヌ語」が含まれており、しかも絶滅危惧として発表されています。

その時点でアイヌ語の話者は15人とされ、日常的に使う人は居ないと言われています。そりゃ僅か15人しか使えなければ、生活全般の会話が成り立ちませんので、日常的に使う人が居ないというか使いようが無いのが2009年当時の現状であり、実質、絶滅していると言って良いでしょう。

ところで、「アイヌ語」とは、果たして「一つの言語」なのでしょうか?

国連の下部機関であるユネスコに「アイヌ」を紹介する研究者が、意図的に「一つのアイヌ」を主張したとしか思えない理由を述べます。

まず、図を見て頂きたいのですが、これは同じくユネスコ発表の日本国内における存続が「重大な危険」または「危険」に分類された言語と、その地勢的配置です。

北海道とほぼ同じ範囲の沖縄周辺の言語では、「与那国」「八重山」「宮古」「国頭」「沖縄」「奄美」と、狭い範囲に6つの「独立した言語」として紹介されています。
これと同じくらいの北海道では「アイヌ語」ただ一つ。

しかも記事にあるようにサハリン(樺太)や千島列島でも話されていた、とありますが、次の図を見ると判るように、海を隔てた途轍もない範囲です。

仮に北海道と西日本を同じ縮尺で並べると、ご覧のように九州の南端から滋賀県や岐阜県くらいまでが同じ範囲に入ります。

また、統一王朝を持った琉球王朝・琉球民族とは異なり、アイヌは各族長を頂点とする少数部族での狩猟・移住生活を送っており、一度たりとも統一したことが有りません。

そうした歴史的経緯を踏まえてみれば、沖縄地方が6言語なのに、アイヌはどうして一つの言語に統一されていたと考えられるのでしょうか。

金田一先生の研究の時点でさえ、部族ごとの伝承(ユーカラ)の解釈が一筋縄では行かず、部族ごとの言葉の違いが解釈の妨げになっていたのは著名な話しなのに、それが何故、アイヌ語が一つの言語としてユネスコに伝わっているのでしょう。

それは、「アイヌは一つの民族」、「北海道の唯一の先住民族であった」というプロパガンダに使用するために、意図的に「一つの民族」という虚構を主張する材料として「アイヌ語という一つの言語」を主張しているに過ぎないのでは有りませんか。』
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング