アイヌ教育相談員・勤務実態無しで年間270万

アイヌ協会に「教育相談員」というポストがある。
嘱託職員扱いであるが、この「教育相談員」市から給料をもらっているが、年間約270万円を支給される。
勤務時間は、今回、モデルとして挙げる「元釧路支部長・秋辺氏」を例にすると
水曜から日曜までの週5日間で、勤務時間10:00~16;00まで
勤務地は基本的にアイヌ協会釧路支部が置かれている「生活館」となっている

主な業務は、小中学生の学校生活や進路に関係する相談業務だが、
何の実体もなければ、何の相談もないのに十年以上に渡り釧路市は、
秋辺得平氏に3千万以上を給料として支払ってきた。
又任期満了の10年を過ぎても秋辺得平氏は
教育相談員」を続け、釧路市もそれを知りながら委託業務を継続してきた。

これまでに秋辺得平氏の不正を書いてきたので、
お解かりいただけると思うのだが、
彼は、海外交流やアイヌ財団のアドバイザーとしての
出張(アドバイザー派遣事業)・選挙活動(過去に2回?3回)、
札幌や地方への長期出張などが本当に多く
先に書いた、勤務時間に、勤務場所である
「生活館」にいることなど在り得ないと断言しても良い。

拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^
市の税金から給料が支払われているのにも関わらず「出勤簿は自己申告」なのである。
市は何のチェックもせずに本人の申告通りに請求されるまま、
年間270万円を10年以上に渡り支払ってきたのである。

北海道アイヌ協会釧路支部で一度、内部調査が行われ、
勤務実態報告を出すように要求したが、
秋辺得平氏は「プライバシーの保護を理由に拒否」し調査は、お終い。
調査する側も市に提出された書類と釧路市のイベントやアイヌ財団の報告書を
照らし合わせれば直ぐにも不正を暴けるはずなのだが、
やはりこの時も「密告者への恫喝や意味不明な弁解」に尻つぼみしている。
(単純に横領事件であると思うのだが・・・・?)

当時役員をしていた、アイヌ財団の出張だけでも年間100日を軽く越えているのである
釧路市も何故に言及し返還金の要求をしなかったのか・・・・?・
普通の嘱託職員がこんな事したら「犯罪扱いされる」が、
「歴史的被害者のアイヌ様には触らぬほうが良いという御慈悲なのだろうか?」
けれども、給料に支払われているのは「市民の税金」である。

この時期と言っても最近までだが、
先のニュージーランドの海外交流の不正問題の時にも
前出の現釧路支部副支部長の上野千枝子氏(秋辺氏と密接な仲だと噂される方)が、
出張で釧路に殆どいない秋辺氏の代わりに事務業務を一手に行っていた。
行政も詳細を調べれば「両名の不正請求」の実態を暴けると思うのだが・・・・・?
一応、釧路市も調査したらしいが、「多少の疑義は残るが問題ない」と市教委はコメントしている。
だが、ここで不思議なと言うよりも「奇怪」な方法を釧路市教委は対処をしている。

平成16年2月にアイヌ教育相談員の職務を秋辺得平氏より剥奪し制度自体を廃止した。
市教委の対外的なコメントは、民族問題を背景にした申告な相談が減ったためというのが理由らしい
(差別が、無くなったという事?こうした問題こそが、現代アイヌ差別の要因なのだが)
だが、厚顔な秋辺氏は、深刻な問題が多いから存続を強く訴えて行きたいと「道新」にコメントしている(笑

この教育相談員制度は、アイヌ協会の要求で実現したものであるが、
現在に至っても、他地域の各支部でも勤務実態がないのが現状である。
これと同じ様なアイヌ生活相談員(市町村嘱託職員)という嘱託業務があるが、
実態は「アイヌイベントの雑用」とでもいうのだろうか?
札幌支部の生活相談員アイヌ協会のイベントに大忙しで、
本来の業務など何もしていない。

札幌市については、生活困窮者の相談などと言っているが、
私のところに寄せられるメールや資料を読む限り
生活困窮者が生活困窮者の相談に乗れるのか・・・・?
それで年間200万以上のお金をもらえるのか・・・・?
アイヌ様々である。
単純に支部の活動業務と委託業務を兼用するのは「違法」だと思うのだが?

それに協会のアイヌ相談員になんか相談したら
「ネットよりも早く情報が漏洩する。」
花の種ほどの話が、花が咲いて枯れるほどまでに
話が勝手に飛躍する世界が「アイヌ協会」とでも言える。

誰が何をしたとか誰が何を申し込んだとか、
挙句の果てには「ハローワーク」の職業相談員までもが、
支部長様に相談内容を報告し、
気に入らない者は排他し身内に利権を回すシステムが構築されている。


その典型的事例が、支部長の推薦がなければ受けられない事業である。
職業訓練など典型的で、支部長の身内が長年に渡り同じ訓練を受けていた
事例など当たり前のように乱立している。

話が外れたので元に戻しますが、
釧路の教委相談員の廃止問題で地元紙は、
事情を把握していながらも「釧路地方版だけの掲載で実名も伏せられた」報道に終わっている。
協会内部でも何のお咎めも無しで幕が引かれたと思うだろうが、腐った実態の続きがある。

教育相談員の役職を剥奪された秋辺得平氏は
呆れたことに「今度は、生活相談員」に就任する。
勤務内容は教育相談員とさして換わらないが、これも市との委託業務であるにも関わらずに
釧路市は、秋辺得平氏を生活相談員として委託業務を交わしている。

私が、調査を始めてから彼の勤務表を手に入れた。
出勤扱いの判子を自分で押しているが、アイヌ財団の報告書や
アイヌ協会の役員の会議や他の証言と照らし合わせると
明らかに不正請求と判断出来ることが、一ヶ月間の中で十日以上発覚している。
釧路支部に何度も電話して在籍を確認しているが、
管理人のオバさんが、「いつもいませんよ」との返答。

釧路市の福祉課に問い合わせると
「勤務票も勤務実態も把握している」との返答を頂いた。

当日、秋辺氏は北大で著作権関係のセミナーに出席していたのだが
市の担当職員は、「春採の生活館で勤務している」と断言した。
明らかにおかしいと思うのだが・・・・・(
これは、他の団体と引き続き調査し告発の方向に進んでいます。中途にしていません。)

他の支部の「生活相談員教育相談員」の実態を見ても同じである。
月に16万近い給料分の仕事になるような物事など何もしていない
アイヌ関係のイベントに奔走しているのが実情で、
増してや何処の支部を見ても誰が誰に何を相談して給料もらっているの?というのが、
私の感想である。(多分、一般の人が見ても怒るだろうと思います。)
年間、全道で、生活相談員教育相談員で、幾ら人件費垂れ流しているのだろうか・・・・・?
そういえば、札幌市の生活相談員の方、10年の期限が切れているのに役職一族で占拠してますね。
釧路同様、支部長様の後光が凄いのですね。
他の若い子に仕事を回し育成するとか言う観念「ゼロ」です。
利権にしがみつく姿はまるで…

行政は、何かというと「アイヌ協会に任せている」と言うが、
取り繕うばかりで本質的な改善策など打ち出すことは絶対にしない。
私も今回多くの行政の方々とお話を続けてきたが、頭の中が「?」で一杯になる返答が返ってくる
(注:民主党道議の方の発言だと、大学に行けないアイヌは、学力が低く社会に出れないらしいので)
税金を使っているという観念が無い人が多く、その観念と葛藤している人は逆に行政の中で、
苦味水を飲まされているのが現実である。

昨年の札幌支部の職業訓練の不正で、二桁の処分者が、行政側から出されている。
行政の監督問題もあろうが、アイヌ側からは「誰一人として責任を取っていない」
それが、平等や差別を謳う側の対応なのだろうか?
札幌支部の役員は「シャモの指示に従ったんだ!」と豪語!
行政も少しは怒っては如何か?
アイヌ協会は、シャモには俺達を処分など出来ないし
自分達も処分されるから適当なところで調査も終わると高を括っている、
なめられているのである。

言い換えれば、シャモの税金など俺達の主張が正しいから
もっと寄こせと言うのが本音であろう。
(誤解されないように書きますが、私は、シャモという差別用語とも思える言葉は、嫌いです)

なめている証拠に、釧路や札幌で調査が入っている最中に
千歳空港での不正な展示販売を、見張り役まで立てて行い二重帳簿まで行っているのである。
勤務実態のない生活相談員の出勤簿みたいのが、
現代アイヌの中には「必需品」として完備されている。

一日中、生活館の中でパソコンのゲームだけして休んでも遅刻しても
市から間違いなく給料が支払われてボーナスまで出るんなら「利権アイヌ屋」を辞められないですよね。
そんな連中に誰が何の相談をするというのか・・・・?

次回は、先祖の骨まで利権にした協会役員の話を書きます。

この問題は、主に日高地方の話でありますが、
釧路や他の地方でも「先祖の遺骨」を利権に変えた連中がいます。
この問題の主役は、別な人物になりますが釧路市でも同じ様な問題が発覚しています。
問題に関わった人物が、今回釧路支部の副支部長になっていますが、
釧路の人事、まともじゃないですね。

秋辺氏の愛人と噂される人物や秋辺氏が理事を務める組合の名義貸しで理事になる人が、支部長だなんて・・・?
釧路の動向によって、「釧路の墓問題」も争いになる覚悟で実名で調査内容書きます。
今回の人事で、沢山の方が協会を去ったらしい、
当たり前といえば当たり前だが残った良識のある方々、奮起して下さい。

不正に加担した役員が去り、過去に去って行った方々が戻ってこれるような環境にしなければ嘘でしょう。
アンケートの設問の件で、書き込みがありましたが今回不正がクローズアップされた釧路は、
正直、多くの人達が思っていることでもあると思います。
それを跳ね返すのは、並大抵の事ではないけれど「応援」しています。
皺寄せの皺をのばすのは、本当は不正を重ねた側なのですが、対外的には一絡げで見られるのが現実でしょう。
それでも負けずに取り組みましょうね。

追記
BEGINが好きで、よく仕事中に流しています。
イカ天時代からのファンなので、ファン暦長いんですが
ブルースから入りキャリアを重ねて地元の日常を歌い多くに受け入れられている
彼等のスタイルや歌詞に共感を覚えます。

沢山、好きな曲があるのですが、その中でも
「ボトル2本とチョコレート」という曲があり
沖縄のミュージシャンが、こうした歌詞を曲にして地元の連中が一緒に騒いでる姿を
ある意味、羨ましくも感じます。

TシャツもYシャツも、ここに座れば関係ない
*中略
仕事を持って
家庭を持って
責任背負って
*中略
ジミーページに憧れてギター弾いてた奴が
演歌歌って泣いている
やっぱ!俺達どうにも日本人だよな!

こう歌い切れる連中の格好良いこと
この歌詞って、ある意味で、沖縄の人間が書き歌にするって勇気があると思うのは、私だけだろうか?
(沖縄の方が読んでいたら決して誤解しないで下さいね。)
アイヌからは出てこないかな?まだ無理かな~ワンステージ前に「一服決めているようじゃ!」















テーマ : アイヌ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
先月現役アイヌ協会役員を取材した(笑)先月現役アイヌ協会役員を取材した(笑)余計な仕事・・・・
  • 鎌倉彫 ふわふわ(曾祖母はアイヌ) 08/11
更新が・・・・公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング