旧アイヌ墓地も利権に「日高町」参

日高の遺骨問題に、もう少し触れよう。
私が、日高町に行った時のことであるが、Y・Nの家に行き、色々と話していると
Y・Nの家のテレビ映りが悪いとの事で、日高町の役場の人間が飛んできて
色々な電気屋に「役場の人間が直接電話して修理依頼」をしている場面に出くわしたことがある。
何故に「役場の人間が、個人宅にまで足を運び修理の手配をしているのか不思議でたまらなかった。」

しかも、映らないと言っていたのは「地元の競馬の中継である」
(Y・Nは、無類の競馬好きで、有名である。)
アイヌの不正等の新聞記事が掲載されると、役場の職員が、わざわざ、Y・Nの自宅に届ける事までしている。
日高町は、アイヌに本当に理解の深い「町」であると感じた・・・・・・・・
ホームページを読んでも「嘘偽りのないアイヌ史」を勉強している「町」である・・・・・・?

http://jimbo.exblog.jp/
←アンケートにご協力下さい。 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^
日高町は、競走馬の産地で有名である。
昔は、病気などで亡くなった馬を自分の土地の中に埋めたりしていたそうである。
Y・Nは、そうした場所も把握しており「馬の骨が出ると知りつつ調査用のポールを立てたという証言も出てきた。」

調査票のポールを立てる等の事前調査は、Y・Nの内縁の妻と親戚、そして協会支部内での助成金などを受けるのに結託していた数名だけに絞り、町の職員どころか専門家なども一切排除して行われ、遺骨の数や墓地を示す根拠となる資料に関しては一切合財、「Y・N」が仕切り、町側は、何の裏取りもせずに請求されるままに予算を組んでいるのである。
税金を投入した「公共事業でもあるのにも関わらず!」何のチェックもしていないのである。
アイヌのことはアイヌがする!シャモが出る場面ではない!先祖に失礼だ!」と言われて、町の職員も元請け業者もいわれるままだったという。

本来であるならば、遺骨の数の根拠を示すデーターや墓地の資料や聞き取り調査の資料が残されているはずであるが、
一切残されていない。出されているのは、「Y・N」からの一方的な請求書と見積もりだけである。
地元に長く住んでいるアイヌが多い地域でもあるのにも関わらず「地元アイヌ協会員」の聞き取りは殆ど行われていない。

日高町の町議会は何を根拠にアイヌ側の要求を鵜呑みにしているのか問質したい・・・・
(要求を鵜呑みにしているのは日高町だけではないが!)

平成12年に事業が終了後、Y・Nの不可解な町への請求がされ
町は、Y・Nの請求に応じ、それを二度に渡り繰り返している。
事業の清算終了後も他の地域を継続して調査し発掘をしたところ、最初の調査の数字よりも多い遺骨がみつかり
自己負担で、700万以上払って埋葬も済ませたから払って欲しいと町に請求をしてきた。
町議会にこの請求をかけたものの請求は認められなかったが、
当時の「郡司啓町長」は、妙な申し出を「Y・N」に対して直接している。

700万の予算を半額にしてもらえないかと直接申し出し、Y・Nを納得させ
町の予算から700万の半額を「Y・N」に支払っている。
ここでも不自然なのは、請求された金額の詳細を示す、領収書の添付や人件費の明細も何も町側に提出されることなく
「北海道ウタリ協会門別支部の口座にお金が売り込まれている。」(当時はウタリ協会)
公共事業として元受会社が存在し下請けの会社が、「Y・N」の会社なのだから、本来は、会社の口座に入金されるのが本当であろうが・・・・・

又、参考資料の「北方ジャーナル2004年1月号」に「Y・N」が、任意で町側に提出したとされる
「確認書」なるものが記載されている。
再三の請求に困った町長が、予算を通すためと又新たな請求を起こされないようにするための苦肉の策と私は推測するのだが、文面は下記の通りである。

「確認書」
ウタリ協会門別支部長Y・Nは、門別町に対し、平成13年3月31日以前の全ての事項案件について、債権・債務が所在いないことを確認し如何なる争いごとも起こさない事を誓約します。
門別町長様
町長とアイヌ協会の役員の間で、このような確認書が存在することさえ問題なのに・・・・
ウタリ地区農林漁業対策事業
道路の拡張や生活館の建設などには、ウタリ地区農林漁業対策事業という政策がある。
予算の少ない市町村では、この恩恵に与るところが多い。
実際に、橋や道路の拡張や集合アンテナの設置にまで使われている。
知らない人も多いのだが、アイヌが住んでいるというだけで、こうした予算を取ることが出来るのである。

だが、このアイヌ名目の予算を取るためには、アイヌの了承無しでは、後々面倒が多いために
町長クラスは、アイヌ協会の役員との癒着を持つようになる。
アイヌ協会役員の判子が一つあるだけで、道や国から予算が取りやすいのだから
アイヌ側の多少の不正や無理な要求は飲んでしまうのが現実である。

この問題、アイヌ以外が遺骨問題に着手したり携ると「祟りがあると公言して、調査を拒んでいるY・S」
ならば、アイヌ側が正体を調査すると良いのだろうか・・・・?
ある問題の調査が終わったら、この遺骨問題を再調査し、本当に正しく改葬が行われたのか調査しようかという話が持ち上がっている。
「それも祟りを受けないアイヌ側からである。」

何故なら、新日高町では、高速道路の建設が行われており、その工事の場所にも「アイヌの骨が埋まっていると騒ぎ出している連中がいる。藻岩山の件と同じですね・・・・」
それを煽っているNPO団体も出現する始末。アイヌの利権に先祖の骨や北海道開拓民の骨や魂までもが、これ以上、私欲に利用される何ものもないですよね。


追記
札医や北大の先祖供養も全く同じで、祭司を務めると3~6万円の日当が出るし、何よりも目立つ!
だから、細かい作法を教えないとか、派閥で内緒にして身内だけで取り仕切るとか日常茶飯事のアイヌ。
だいたい、細かい作法を教えないとか非常に根性が腐っているが、根本的に本当に事細かく決まりがあるわけでもないのに、コンプレックスなんでしょうね~誰のやり方は間違いだの幾ら貰っただのという話しか聞かない。

そういえば、今回、色々と調査が入って「北大などの供養に一般会員が参加しても支払われないでいた日当が、急に支払われることになったのは何故なのでしょうかね?詳細をお答えいただきたいですね!札幌支部の事務局次長さん」

この日高の遺骨問題、釧路の秋辺氏も絡んでいる。
この当時、協会の理事長は、秋田春蔵氏であったが、次期、理事長をY・Nが就任し副理事に秋辺得平氏がなる算段がなされていた。
この二人を煙たくて仕方なかった人物が数名いるのだが、協会本部現行役員のS氏と現副理事長である。
この二人は、一連の遺骨問題や日高町支部の協会費未納問題や協会理事長印偽装問題に目をつけ、Y・Sと秋辺得平氏の失脚を計る、この問題は、近々書く「北海道ウタリ協会理事長印偽装事件」で触れたいと思う。

新ひだか町と日高町の誤りがありました。
訂正いたします。
















コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
私は幼少の頃よりアイヌ関連の書物などに触れ、多大なる興味を持ち続けてきた者です。

確かに現代のアイヌには失望を覚えることが多く、到底好感を抱く事はできませんが、あなたのような輩はもっと嫌いです。

あなたはいったい何をしたいのですか?
現代アイヌの悪口を撒き散らしたいだけ?
自分はここまで知っているんだぞという優越感に浸りたいだけ?

本当に不正を糾す為にというのではなく、ただ不正を暴く事に終始しているようにしか思えないのは残念です。

最後に。
あなたがこのやり方を続けていくおつもりなら、もう少し言葉や文章を勉強して下さい。誤字はもとより言葉の使い方、意味不明な文章などが多すぎ、伝わらないことが多々あるかと思われますので。

Re: タイトルなし

Kさん
ご指摘有難うございます。
誤字脱字に気をつけますね。

Re:タイトルなし

 横から失礼します。

~「本当に不正を糾す為にというのではなく、ただ不正を暴く事に終始しているようにしか思えないのは残念です。」 ~
 
 果たして、軽薄な意識で、一人この作業を続けることが可能なのでしょうか。私なら、金銭を受けても躊躇します。おっしゃるように、読み切れない部分も誤字もあります。しかし、それを超える「思い」があると思います。
 
 まっすぐに進もうと思えば、生きにくい世の中です。私は、筆者のどうにもやりきれない思いを行間に見ます。
 
 あなたの感情的(失礼)な文章も、きちんとアップされています。堂々としていると思いますよ。
 

きっと

違うやり方で

興味を持って勉強してきたアイヌのことを

Kさんが正してくれることを期待しております。

>本当に不正を糾す為にというのではなく、ただ不正を暴く事に終始しているようにしか思えないのは残念です。

管理者のスミスさんはブログ上で個人で日頃のアイヌ問題について疑問を感じ、個人レベルでは到底対処しきれないから、多くの人に知って貰いたいが為にその事実を公表しているのだと思う。

>最後に。
あなたがこのやり方を続けていくおつもりなら、もう少し言葉や文章を勉強して下さい。誤字はもとより言葉の使い方、意味不明な文章などが多すぎ、伝わらないことが多々あるかと思われますので。

そりゃぁ合間見て記事アップしているだろうし、パソコン叩いていれば誤字、脱字もあるでしょう。これを仕事にしてるわけでは無いのだから、

結論 人権屋、人権団体などが自分等が正義と
主張するものに対し、反論が出ると矛先を変えて
反論、攻撃をしてくる。まるで三宅議員の転倒捏造と同じ。
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
先月現役アイヌ協会役員を取材した(笑)先月現役アイヌ協会役員を取材した(笑)余計な仕事・・・・
  • 鎌倉彫 ふわふわ(曾祖母はアイヌ) 08/11
更新が・・・・公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング