税金依存症のアイヌ伝統工芸師

行政に依存せずに、自分達の力で何が出来るかを考え
道民としての文化の共有に取り組み始めた人達がいる。
税金に依存せず「自力で展示会を開催している」

ある意味で、これまで、アイヌ協会やアイヌ財団に依存している「利権アイヌ屋」の下敷きになってきた人達が
腰を上げたとでも表現できるだろうか。
もう一方で、これまでの取り組みを恥、行政の調査に全面的に協力し新たなスタートを切った人もいる。

アイヌだとか何だとかいう枠を乗り越えて「文化の共有」を目指す姿勢や
スタートからゴールまで行政(税金)に依存するのではなく、先ずは、自分達が出来ることに取り組み表現する
という姿勢は、とても建設的な行動だと思います。

でも、そうなると、面白くないのは、税金依存症のアイヌ伝統工芸師さん。
まともに生活の糧として地道に取り組んでいる方もいらっしゃいますが、私の知る限り、非常に残念ですが、
伝統工芸師と言われる、その殆どが、「デキレース」で、選出され、利権争いの道具の意味合いをなしている
のが現実です。
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^
簡単に説明すると、年に一度、アイヌ財団とアイヌ協会の主催で、伝統工芸展みたいのが、開催されるのですが、
それを、出展された作品を審査して賞を決めて、何度か入賞すると「伝統工芸師」なる看板をいただける。

それ以外もアイヌ財団(税金)を使って、講師活動なども影響しているのだが、
出展した人の身内が審査員にいたり、会社の名前で出展して、その会社の代表が審査員にいたりと
デキレースも良いところである。出展は、会社であって審査は、個人として参加しているから問題ないそうである。

そこで、又意味不明なのが、入賞した作品を「道の税金で買い上げるシステム」が存在する。
その値段を決定するのも審査員なのだが、一応、本人に最低販売価格を確認し協議して値段を決めているが
殆ど言い値状態。
ちなみに、この審査員さん達、交通費・宿泊費・日当をいただけるんですが、2日の実働で、普通のパートの方が
一ヶ月働く分くらいもらえるのだから美味しい。

伝統工芸師は、財団の助成事業を優先的に受けられるようになり、講師の仕事や何もかも一部の利権に偏るシステム。
アイヌの多くの個展もコンサートも税金の無駄使いを当たり前の様にし、それを自分のステイタスのごとく振舞う。

行政に依存せずに、自分達が出来ることとは何かという視点に立った活動場所に
税金依存症の刺繍家と名乗る「O・S先生」札幌では、一応有名な先生だが

会場に入るなり開口一番!あら~狭い会場なのね・・・・
財団(税金)使ってやったらどうなの~と自慢げに羞恥心もなく語って帰られたそうである。
自分の教室も個展も出版も他人様のデザインや作品も自分の物として出展する方には、「到底」理解できない取り組みだろうが、何とも見苦しいコメントである。

ハッキリと書くと、その先生なんかよりも「そこの展示会に展示されてる作品の方が、数段、クオリティーが高い」
何よりも、出展者の全員が主役ということで、皆さん、楽しそうに接客している姿は、側から見学していても良いものである。

会の趣旨も、歴史うんぬんでもなく、差別何だとかいう悲壮感でもなく、あくまでも現代に受け継いだ文化という視点に重点を置いていることである。
若い人の視点で作られた作品も沢山有り、少ない拘束の中で表現された作品は「格好良い」
小さくとも何でも、多くの人に共感を得られる活動に繋がってくれればと思う。

差別された!アイヌの歴史は!などと色々一方論を言って、同情で人を集って、オカルト化していくよりも
作品を観てもらい共感してもらえる事を訴え続けるのは、大変かもしれないが、必ず、本質的な形が残されていくと
信じています。

メッキの伝統工芸師やアイヌ屋などに負けないで、地肌剥き出しでも取り組みを続けて欲しいと感じます。


追記
こうした、人達が出現すると、アイヌ屋さんは、直ぐに探りを入れて
誰と付き合うなら、うちの会から抜けてもらうとか、
どこに出展するなら誰の許可を取らなきゃ駄目だとか、とても差別を騒いでいる団体とは思えないことを
平気でする。
よほど、自分達に自信がないのでしょうね。
「税金依存のアイヌコンプレックス」とでも言いましょうか?
悔しかったら、税金を湯水のごとく使ってるんですから、もっと凄い表現できるのでしょう?
依存している人達と逸脱しようとしている人達とでは、同じ物を作っていても別物、別格だと私は感じる。






コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
余計な仕事・・・・
  • 鎌倉彫 ふわふわ(曾祖母はアイヌ) 08/11
更新が・・・・公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング