素朴な疑問

写真
(写真:北方ジャーナル)
<まだまだ隠されている北海道アイヌ協会の実態>




今、アイヌ問題で声を高らかに「土地を返せ!」と民族衣装を身に纏い運動をしている人達に対する
素朴な疑問なのだが、ダム裁判で話題になった土地もそうだが、アイヌの給与地の行方を何故誰も口にしないのでしょうか?

北海道庁は一度、給与地の調査に着手していますが、ある理由で調査を途中で中止しています。
アイヌは、シャモ(日本人)に騙し取られたと口にしますが、本当にそうでしょうか?

これ、今後、国政に関係する政策を行う場合に「絶対に調査」するべき問題だと思います。
他にも明らかにするべき問題が山のようにありますが、給与地の行方を精査するするのは、ある意味で
行政のこれまでの不備と現代アイヌの不当な要求を明確にし修正する上で必要不可欠。

注*シャモというアイヌが使う差別用語、私は使いたくありませんが、ここでの説明上、必要だと思い使用しています。ご了承下さい。
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^
この問題を精査されては、困るアイヌが、山のように存在します。
ダム問題で騒いだ「美化されたアイヌ」も「聖地と騒ぐアイヌ」も所詮、金のためかよ
という一言で括られる側面しか無いように思えます。


行政も面倒なことに蓋をし続けてきた「ツケ」に利子が付いて、
その付いた利子にアイヌやプロ市民が群がっている現状が露骨に見えてくる。
そこには、もう一つ大学教授のエゴや私欲、歴史解釈の嘘の一面も手に取るように浮き出しになり、
いかにアイヌが今、論点の間違った要求を展開しているのか浮き彫りになる。

土地問題の矛盾を利用して、ダム裁判で稼いだアイヌもいるが、北海道ウタリ協会(当時)に有名な詐欺師を協会内部に入れ、北方領土での水産加工事業を展開しようとし、その上、助成金まで国から毟り取ろうとしている始末。(この事件を利用して理事長職を狙った、詐欺師の片棒を担いだ人間が現職副理事長で、国との話し合いに参加している事実を、道は何とも思っていないわけではあるまい。)

漁業でも林業でも胡散臭い事例や隠蔽されている事実が、今後、隠蔽されたまま政策だけが先行するとしたら
成りすましアイヌと補助金生活アイヌが、異常発生するのは間違いないでしょうね。

給与地の行方を明確にすることは、アイヌにとって大きなダメージを受けることだろうが、絶対にアイヌが自らの手で行うべきだと私は思う。
失う物も多かろうが、今の協会役員や事実を知ろうとし改善を考えれないアイヌが作るアイヌ文化って
税金欲しさの「演出」に過ぎまい。

これは、現代の修学資金問題や住宅購入資金問題をアイヌ自らが律しなければ、絶対にアイヌの誇りなど持つものが現れることも無く、自立など夢の又夢に必ず「終わる」

何度も書くが、アイヌの福祉政策の悪用は、私がここに書いている事等は、氷山の一角に過ぎない。
何通か、大学の問題でメールをいただいたので、ここで、纏めて返信させていただくが、
私は冷めた目で見ています。
修学資金問題の実態を知りながらも、更にお金を出す側、受け取る側の羞恥心の無さは、必ず問題を起こし
純粋な視点で、アイヌを見ようとしている人間を必ず「落胆」させるでしょう。
自らの差別再生産としか私は見ていません。
カンパを求められた数社の社長は、幼稚な偽善者の考えることだ!アイヌは今までに何を学んだんだ?
不愉快だ!働かない奴等の言い訳だな!と呆れた意見が大半でした。

これまでに、アイヌ政策という大枠で国は、何百億という税金を投与してきているのに、何の進展も見られないのは、明らかにアイヌ側のアイヌコンプレックスに浸ったアイヌ可哀想劇場から抜け出さないでぬるま湯につかっていたいからでしょう。

少なくとも、給与地の問題まで遡り、今の矛盾をアイヌ系自身が、事実を知るべきでしょう。
そこに見えてくる多くの問題を、どう解決し、今の先人にいるアイヌ屋の利権の実態を直視するべきだと私は信じている。

先日書いた、ブログの件で、アイヌ政策と外国人特権の接点をこれ以上書くなと、ある方から強く言われた。
ある意味での「パンドラの箱」だと私は思っているので、これからも知りえた事実は、書きます。


追伸
私に外国人特権の問題を書くなと言った方は、決して敵対関係ではない。
札幌T高校職業科のアイヌ系の生徒が、裏口入学でK大に入るまでのアイヌの団体とK産党との人間関係や修学資金のからくり全てを説明してくれたり、K産党と江別のアイヌの慰霊祭のでたらめを紐解いてもくれたし、樺太アイヌという存在の胡散臭さも、ここ数十年に遡り事細かく教わりもした仲ではあるのだが、
いかんせん、私にたきつけて、自分の出所を見計らっている(笑
本人にも同じことを私は言っているので構わないのだが、ここに書けない複雑な理由がこの方にはあるが、
いずれ、この場所に登場しますのでお待ち下さい。
(裏口入学や修学資金の手口を聞くと、研究費や修学資金のカンパなんてとんでもないと感じます。
少なくとも協会はこれまでの不正を清算して、それを悪用した役員は、
公の場で謝罪、辞職し後進に差別の種を少しでも残さないのが、せめてもの姿だと私は思います。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今、検討している最中なのですが、北海道アイヌ協会と現代アイヌの実態を、
私の書くことだけではなく色々な場所で聞く話を動画として流す方向で検討しています。
顔にモザイクが入ったり音声を一部、加工をすることもあると思いますが、
何とか近いうちに実現します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今月8日に東京に行き、9日に小林よしのり氏と沖縄大学の宮城教授と動画の収録の予定です。
何を話すか、決まっていませんが、沖縄問題とアイヌ問題の共通点を話すことになると思います。
https://www.gosen-dojo.com/?page_id=13
こうした、活動以外にも、今、全く違う取り組みへの企画が持ち上がっています。
実現すれば、ある意味で、色々な側面への問い掛けになると信じています。







テーマ : アイヌ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

暑中御見舞申し上げます。北海道は爽やかな日々をお過ごしでしょうけど、横浜はとにかく「暑い」です。
前から気にはなっていたのですが、「シャモ」とは本州の人間を指す言葉なのですね。
色々と大変だと思いますけど、蔓延る人権利権屋の闇をどんどん糾弾して貰いたいと思います。

はじめまして

こんばんは。札幌在住のいち和人系日本人です。
ダム裁判というのは沙流川のことでしょうか?
二風谷のあたり、なんだか変な空気になってますね。
富川駅に行ったら、「   民族博物館」と、行頭が白く塗りつぶされた案内の表示。そこに釘で引っかいたような文字で「ア イ ヌ」の落書き。
大人の事情はいろいろあるのでしょうが、子供は生き辛いんだろうな、と思いました。
土地問題、ネットで調べても具体的なことが何も出てこない(旧土人保護法で農耕に適さない土地に強制移住させられた、という話も、なんだか釈然としません。そもそも、あの時代の技術レベルで農耕に適したと言える土地が北海道にあったのか。内地からの移住者も血のにじむような努力をして稲作を実現したのですし)。「先住民族の権利」とか、大きな話はやたらに見るのですが、それが本当に大事な事なのかな、と首をかしげてしまいます。
外の者には何もわかりません。同じ道民、同じ日本人なのに。続報、お待ちしています。

Re: タイトルなし

いつも有難うございます。
北海道も暑いですよ!でも、東京方面は、もっと暑いのでしょうね。
明後日から東京なんですが、寒冷地仕様の私は、かなりきついんだろうなと・・・・・
これから徐々にですが、ブログの中身を濃く出来るように取り組んで行きます。
今後も宜しくお願いいたします。

Re: はじめまして

はじめまして
投稿有難うございます。
ダム裁判、今書いているのは、二風谷の事です。沙流川も妙な団体が絡んで変な方向に向かっています。
あの地方の「アイヌ利権」は異質です。

土地問題については、今後、力を入れて書くつもりです。
ルーフウオーカーさんの疑問は、誰しもが抱いている疑問だと思います。
少し調べただけでも「アイヌ主張の嘘」と「行政の矛盾」に突き当たり憤りを感じます。
今後も書き続けますので、宜しくお願いいたします。

追伸
小説の続き興味深々です。
続きを楽しみにしております。

はじめまして

はじめてコメント書かせていただきます。私はゴー宣の愛読者ですが、そのなかでアイヌの問題を知り、アイヌの利権についてもっと知りたいと思い、このページにたどり着きました。見させていただいて、やはりという思いです。アイヌの為にという理由で一部の自称アイヌが税金を不正に取得し私腹を肥やしている。この人達は本当にアイヌ民族なるものを守って行きたいと思っているのでしょうか、自分達の先祖を苦しめた日本政府からよくお金をもらえるな~。わたしだったら自分の民族を守るために敵の手助けなど必要ない。自分達の力で民族のアイデンティティを守りたいと思います。彼等が自分達が一民族というならはその誇りはないのでしょうか?

Re: はじめまして

はじめまして、コメント有難うございます。
政策に関しては、色々な意見があると思います。
いそろくさんの御意見も、もっともだと。

アイヌ系は今、アイデンティティを、これまでの歴史の中で一番「模索」している時期かもしれません。
でも、国とアイヌ系自身が、それを色眼鏡で屈折させているのも事実です。
アイヌ系の悲観的一方論ではなく、少しでも多くの方に「アイヌ問題」に関心を持っていただけたら幸いです。

カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
余計な仕事・・・・
  • 鎌倉彫 ふわふわ(曾祖母はアイヌ) 08/11
更新が・・・・公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング