伝統と継承

アイヌ文化の中には良いものが沢山ありますが!アイヌ文化の独自性とは、そんなにも特別なものなのでしょうか?
先日、NHKの番組に白老のアイヌの保存会みたい方たちが出ていましたが
白い着物は「樺太アイヌ」の着物だと思うんですが?いつ頃から「味噌も他のものもごった煮」にするようになったのでしょうね。

トンコリなんかでもそうだけれど、まっ!勝手な解釈や歴史を作るのが好きなんですね。
その表れが「あの刺繍は本物じゃない!あの曲は違うだの!」アイヌの団体の内部を少しでも覗いた方はご存知でしょう。

アイヌの伝統文化の現在は「魑魅魍魎」の世界です。
何をするにも「金」次に「でしゃばり」三番目に「悪気口」この三拍子。
博物館に収められている所蔵物の8割は、利権と派閥の集大成と断言します。

財団を悪用したり生活支援政策を悪用していたり協会役員の会社の利権の為に使用されたものだったり「フェイク」の塊です。

刺繍教室や踊りの保存会にしても滅茶苦茶です。
欲の皮の張り合いですね。今、先住民何とかのオカルトな集団連中の中身も調べが、まとまり次第に詳しくお伝えしますが、海外交流だとか税金などで盛んに行っていますが
表現が不適切かもしれませんが「誰の何の代表で交流とか行ってるんですか?」

帰ってくれば、カナダは凄いだのアボリジニは偉いだの
終いには「見た自分が!英雄にでもなったの如く」講釈をたれて錯覚に陥る。
陥った錯覚のまま「自分がアイヌ文化の代表のつもりになり」勝手な解釈を作り上げている。(内情は、海外交流といっても旅費を水増ししたり宿泊費を搾取したり禁止されている商売をしたりと、とても税金を使って行う内容ではないですよ)

これも年度ごとに近い将来、書き上げますが、
国内の交流や海外も含め交流に参加したメンバーの構図を集約すると協会や他の団体との癒着の構造と馴れ合いシステムが「露骨に表れます。」

どこの団体の副代表か忘れましたが、馴れ合いシステムをみると見事なまでに「家族で」アイヌを使って稼いでいます。恐ろしいというか何と言うか・・・・・・・・・・
そんな連中が、伝統工芸師のシステムや優秀工芸師のシステムを作りあげ、審査員の選択も身内が行い身内に投票する「似非」のコンテストを開いたり。それを「税金で買い上げるシステムを作り上げたり」悲惨な内情の塊が「今、博物館や資料館に展示されている現状」を何とも思わないアイヌの文化は、アイヌ自身の手によって破壊されています。
その縮図が「博物館や資料館」に展示されていると思ってみてください。

旭川の旭川博物館と小金湯の文化交流センター等は、その典型的スタイルである。
旭川の博物館に至っては、時系列もいい加減で、地元のアイヌとの話し合いの中から作り出したと言うが「地元のアイヌの利権の割合と我が儘を展示した形」と言ってよいだろう。

小金湯は、働かないアイヌの連中と協会役員の経営する会社の為に利用されたと断言できる。市の税金の搾取の手段として「小金湯の指定管理者」の企みに奔走している。
その企みの主犯は、先にも取り上げた「家族」の方々が私物化に尽力されております。

今年、ここの施設で「チセ」で火災事故をおこしていますが、これは市の税金で作られている以上、市民の財産である。市民の財産を指定管理者が不祥事を起こしいるのにも関わらず、又同じところに修復させようとしている行政は何を考えているのでしょうか?おまけに不祥事を起こした詳細な内容に関して「協会」は公表しないのは何故でしょうか?
でねっ!自分達で起こした火事の責任も取らないで、市は予算をつけないだとか張り紙をしたりするのは、醜いですよ!公共の施設ですよ!私物化しちゃいけないでしょ

こうした展示物や施設の管理の中身の全体像を今後、具体的に分かり易く図形にして発表します。そうすれば、今テレビや新聞に出ているアイヌ屋さんの実態や嘘が一般の方々にも分かり易くなるでしょう。又これらの問題に関して「市や道」が、いかに癒着しているか
一部の道民の代表が肩入れし結託しているかも理解できると思います。この方は、今度の政権で「北方領土問題」の責任者みたい位置に就任しましたが、間違いなく「20年」以上話が後退し責任の所在が有耶無耶にされる事でしょう。何で、こんな下品でヤクザなオジサンに投票するのでしょうか?これも北海道民との柵の一片なのでしょうが・・・・・・・

普通に刺繍を習いたい歌を覚えたいと思っても「普通に出来ない」
良い技術や指導力があっても潰される。続けたければ「役員の不正に黙るしかない」
のさばるのは、役員の子分達”技術がなくとも指導員になったり先生になったり、困ったら
自分よりも技術のある人達を助手に使い「最悪の時には、その人の作品を自分の作品にしてしまう」なんて日常茶飯事。

アイヌの政策の中に複製事業というのがあるんですが、これが「稼げるんですよね」
講師になると金額を聞いたら「普通に仕事するのが馬鹿くさく」なります。
でっ!これも講師と役員の会社が儲かるシステムなんですよね。財団が設立されてから拍車が掛かっていますね。又イオル関係の新しい団体が設立されましたが「同じシステム」ですよ。道民の税金をどれだけ食い潰せばアイヌは自立出来るんですか?

本当に刺繍や踊りをしたい人達の気持ちを喰い潰したり脅したりしている連中が言う伝統だ文化の継承だとかって何なのですか?博物館に自分の作品が展示されると「ハクがつく」なんて駄洒落みたいこと言ってる「アイヌ」って何?
ハクを言うなら「刺繍や踊りを守りたい学びたい」と思っている人達の一人でも多くを守って育ててみろ。金がもらえなくとも言語を学びたいと思わせてみろ。歌や踊りや言葉の中で、誰が正しいだの間違いだの潰しあいしてないで、まとまりを見せてみろ。
博物館に収められる事を自分の功績と勘違いするのは、間違いじゃないか?

刺繍も着物も歌も踊りも、日常の中に当たり前のように存在しなくなってしまったのは、現代アイヌの作り出した結果じゃないのだろうか?だからスタンダードを無視して変なラップの曲にして「アイヌきもいとか言われた~」とか羞恥心の欠片もない歌を歌える勘違いな連中が育つんですよ。こんな事を歌ってる連中のに違和感を感じますね。
これが、アイヌのメッセージ見たい事、言わせてるメディアや売名行為に参加してる輩も何を考えているのでしょうか?

もっと自然な形で普通に伝統文化の継承や交流ができないのでしょうか?普通の教室や講義が行えないのでしょうか?特に木彫りに関して言えば、もう絶滅的環境ですよね。
確かにこの世界で食べるには、本当に食べられない時間との葛藤に覚悟しないとできません。どの世界でもそうですが、漫才師だって売れるまでの覚悟と下積みがひつようでしょう。

アイヌにはその覚悟の覚の一文字もない。
だから、アートだとか言っといて、皮一枚剥いたら、税金で個展開いて商売なんかして
平和や差別撤廃を隠れ蓑にして役員の「金魚の糞」として生活支援政策で生活する様になるんだよね。仕事もしないで修学資金を生活費に当ててアイヌ語の教室を開くんだ!とかね髪結いの亭主や働かないでアイヌの為に貧乏してますなんて口にしてる人達に言いたい。だれも貴方達をアイヌの代表に選んでもいないし必要ともしていない。増してや自分達の食い扶ちに「アイヌ」を使うなよ。

今、アイヌ絡みがやっているのは、政策の利権争いと政策の悪用の継承と弱い者を柵で食い潰す現代アイヌの伝統を作ろうとしているだけにしか見えません。(かなり出来上がっているが!)
声を上げないアイヌは、差別で声を上げない人もいるだろうが、それよりも、もっと多いのは、今の世に出て馬鹿騒ぎしている連中と同じ目に見られるのが嫌で、黙っている人達が多い事、そしてアイヌ団体の連中の執拗な差別に疲れている事を少し考えてみてはどうか?

でね!普通に働きましょうよ!いい年して汚い格好してアイヌしてないで、仕事しないのをアイヌのためだとか差別で就職できないとか言ってないで、私の周りにいる人達は、皆まともに就職して働いてる連中が殆んどですよ。差別で就職出来ないって言うんならね!差別した会社と戦えばよい。彼女にキモイと言われたとか騒いでないで!そんな人を選んだのは自分だよ!自分が言わない人間になれば良いんじゃない?差別なんか何処にも転がっている。同情や被害者意識でアイヌしちゃ~恥ずかしいよ。
差別はなくなるべきではあるが、自分達の現状を「差別」のせいにするなよ。
ともかく普通に働こうよね。今のアイヌ問題なんかよりも切実な事は世の中に沢山あるし不幸なのは「アイヌ屋」だけじゃないと思うのだが・・・・・・・・・
働かない理由は、普通に働くとアイヌのイベントに参加できないとかね。訓練受けれないからとかね。又役員もそういう連中がいないとイベントも政策の悪用に使う名義も無くなるから困るんですよね。

それで困るような団体や運動や文化活動なんて「底が知れてる」
とにかく普通に働きましょうね!アイヌ屋の皆さん!
後、絶対に自分たちより弱い御年寄りや子供を妨げては駄目ですよ。
お金の為に子供をステージに上げて躍らせて、ギャラの頭数に入れたりするのも外から見たら卑しく観えますよ。そんな踊りや歌に本当の意味での良さも残されるべき必要性も感じません。
とにかく普通に何で働けないの?

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
コメント有難うございます。
不確かですが、どのような経緯かは忘れたのですが
あの建物は、本州のデザイナーによるものと記憶しています。
利権の為の施設で本当の意味での施設などではありません。
後日、あの施設の中身とそこに従事する人々の柵と展示物の嘘を掲載しますので
少し御待ち下さい。
先日、靖国神社に行き「遊就館」で、矢弾丸つきるともという特別展を見学してきました。
立派な日本の遺産だと感じながら九段の坂を歩きました。

はじめまして。
サッポロピリカコタン見に行きました。
かなり期待していたのですが、全然面白くない施設だと思ったら、こんな背景があったとは大変ためになりました。
資料室は入らなかったのですが、何も知らずにこの施設に足を踏み入れたら、どういうところか全く分からないような所だと思います。
チセの火災についてもロープに告知文が下がっておりましたが、そういうこととは全く知らず、風が強かったので写真を取らなかったのが悔やまれます。
なんでもまた公開するにはある時期が来ないとできないような事が書かれてあったような気がします。
それにしても鉄筋コンクリートで一流のデザイナーが設計したのか知りませんが、なぜあれがアイヌの文化を伝える施設なのか、理解に苦しみます。
アイヌは今、何を求めているのか? これからじっくり読ませてもらうおうと思います。
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ランキング