技術文化伝承事業・・・・?

緊急雇用創出推進事業

アイヌ伝統文化の技術伝承事業の実施という名目で、今年、管理の指定を受けている側の過失火災で一部消失した「チセ」の修復をするらしいが、過失を犯した組織に再度委託をし税金を投入するのを何と考えているのだろうか。

事業実施期間。10月末か11月から3ヶ月間。稼動日:月16日間(計48日間)

応募対象者。失業している方。

事業の内容。チセアカラ(伝統的家屋建設)に関する伝承。用材の加工。芽の採取等。芽
        ガマ編み。炉・炉縁・炉棚作り・工芸品の政策等・儀式の伝承

作業場所。札幌小金湯・市街地での芽の採取等

*各種保険に加入

*日当一万円*

これに過失を犯した者が再度、行事に参加して「日当を受け取ったり」アイヌの運動で食べている連中が、失業者と届けを出したり、失業中にアイヌ語教室を受け稼いでる方々が参加しているようなことは、一切無いと思いたいが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

これに予算が、約700万の予算がついていると記憶しているのだが?
ここで示す。失業している者というのは「アイヌの解釈」の都合の良い失業者ではないのだろうか?アイヌの運動や変な市民ネット何だかの活動で、何らかの講師料やギャラをもらっている者達も参加するでしょうか?(自称失業者)

自らが正業につかないで、へんてこりんな活動をしている連中が、失業者と偽り
それを技術文化伝承事業等という名目で、緊急雇用創出推進事業と結びつける意味が解らないのだが。

先にも触れたが、市の財産の管理を任されているものが、出火の原因を作り、その責任問題も無視した状態で「何が技術文化継承事業」なのだろうか?消失した「チセ」は、アイヌの物ではない。
市の税金で建てられた以上、市民の財産である。
又この「チセ」の再建にあたり大学の教授も一枚絡んで儀式の指揮を取っているが
何を考えているのでしょうか?
実態も知りながら「名声が欲しいのか?」詳しく解らないが、働かないで税金を搾取するアイヌ作りに加担し税金を無駄使いしている「共犯」ですね。
儀式を教える前に他の物事を教えてはいかがだろうか?

市も何故に過失がある組織に¥700万近い予算をつけたのでしょうか?
おかしな事をしないように「札幌市アイヌ政策推進企画検討委員会」なる諮問機関みたいのが存在するはずなのだが、ここの責任者にも考えを聞いてみたいものである。
この方、確か何かの会議で、アイヌはヤクザのような強請・集りをしちゃ~不味いですよ!みたい発言してたような気がするのだが、同じ穴の狢なんだろうな。

これを建てて終わりじゃないんですよ。
建物を管理するのに「管理の盥回し」「除雪の盥回し」この小銭を役員は、自分の子飼いに振り分けて柵で拘束するんですよ。税金の毟り取りだけで「文化や技術の継承」なんてのは「表向きの事」

予算を獲ってきて役員が、ポッケして下の者がセッセと建てて、建てた建物の中で、役員が販売店出して商売したりして、税金使ってアイヌに商売させたりアイヌ屋活動の食い繋ぎに「チセ」を税金で建てて商売のお手伝いしているようなもの。もう伝統だ文化だで!お金せびるの本当に辞めません。そんな張りぼてを「文化だとか口にするのも間違いです。」


本当に政策が必要な人達の為に使いましょうよ。
自らが働かない連中に「税金を使う必要などありません。」
本当に失業している人は別として「アイヌ屋」が、税金搾取しにきていないか、確りと見届けなきゃいけないですね。疑わしい行為や人間が一人でもいる場合、即座に調査要求しなければならないですね。

先日、Xさんという方からメールをいただきました。
許可をいただいたので紹介させていただきますね。

「今どれだけ周りの人達がアイヌの政策を「逆差別」と言ってるのか

あの人達は知らないのか、そんなことはお構いもなく強行していってるのか…
税金を貪り取るのが当たり前でアイヌの特権と考えているのかわかりませんが、
一緒に行動する(カムイノミやイチャルパ)のがとても情けなく悲しさで溢れそうです。
本当に小さい頃からじっちゃんやばっちゃんの唄を聞いて踊り、楽しくしてきた時代を生きてきた
純粋な気持ちでいるアイヌの人達を利用し、傷つけられ帰って行く人達を目の当たりにすると
怒りがこみ上げてきて、今すぐにでもどうにかしたいという気持ちを抑えております
同じ空間で一緒にいる事に嫌悪感さえ覚え・・・・・・・・・・」
このメールは、まだ続くのですが、読む人が読むと個人を特定できるので、紹介できないのが残念です。
Xさんのような内容のメールを沢山いただきます。
普通に生活している人達が、心を痛めるアイヌ儀式の必要性とは何なのでしょうか?
お金を取る事だけに儀式を行う必要性は何処にあるのでしょうか?
日当や目立ちたいが為にしている「儀式に神聖さ」など存在しないでしょう。

自然と共存していた儀式を行うだけなら、自分達の身銭で行いましょう。
豊平川の儀式もお金の為だけの儀式になっていますが!!!儀式を取り上げられたと騒ぐなら、自らの手で行って取り戻せばよい!だって何で鮭の祭事に何十万も掛かるの?
トキシラズ使っても何十万もしないですよ。
日当や小遣いばら撒いたり私服に欲の皮張るから「いつも行事ごとにもめるんですよ」

「現代アイヌの行事に神聖」なんて言葉は当てはまらないですね。
何処かで「アイヌの行事」を見たら「幾ら税金使ってるんだろう?」「この人、日当幾ら貰ってるんだろう?」「本業は何?」「あ~この行事も本当は揉め事の一片」と思っても間違いが無いくらい、いい加減な中身ですよ。全部とは言いませんが、祭事に座ってるアイヌの殆んどが無職や働けるのに税金の政策で食べている「情けないアイヌ屋」ですよ。
そんな事の為に「普通の感覚の人達」に本当に不快な思いをさせてまで開催する必要があるのだろうか?開催が必要ならば、根本に戻る必用があるのではないだろうか、アイヌ屋は、アイヌで食べたいのであれば、昔と同じ生活をすればよい。
それが出来ないで、中途半端にアイヌ・アイヌ言うのなら、せめて自分達の手で作り上げてみてはどうか?お金の分担やら誰が仕切るだとかかで喧嘩をしているアイヌのその姿は、「醜い」
アイヌの祭事が無くなれば良いとか、アイヌがいなくなれば良いとか思っていませんよ。
自分達の手で、保存する努力をしないと自滅しますよ。税金が投与されなければアイヌの行事の8割以上が開催できないでしょうね。
札幌の施設で毎月のように行われている行事の全てに近い行事に税金が使われています。中身などどうでも良いんです。
日当は誰に配る?こいつは気に入らないから駄目だ!材料費は使いたくないから使い回しだとか、人を集める努力なんて何にも考えちゃいないし考えるつもりも無い。
醜いまでの「資質の変化」を先駆者は、想像しただろうか?
変化の中の歪みに巻き込まれた人達の心情に耳を傾けているだろうか?
聞く耳など失ってしまった「アイヌ屋」に何を言っても無駄だという空気が色濃い。
投票しても何も変わらないという空気が、アイヌに万延してる。
その上に胡坐をかく「アイヌ屋」って何の意味がある。
ユーカラを語る裏で「銭勘定」して何がユーカラなのだろうか。
もう少し本質的、優しさに取り組んでみても良い時代なのではないでしょうか?
自己批判の出来なくなった組織などに誇りも何も持てないですね。
くだらない「馴れ合い部族」の誇りなど必要ない。
そんな連中の取り組みで、弱いものが虐げられるのなら「アイヌは何も過去を学んでいない」
アイヌの血を引く若い者もそうだが、馴れ合いの中で対外的に差別を壇上で語るなど愚の骨頂である。自分達の取り巻きの先輩の本性を見てみろ。
人の悪口や利権に終始し協会に携わらないアイヌが何故多いか考えろ。
その醜さを知っていて「差別されている民族です。」等と対外的に口にした瞬間から大きな過ちを犯している事になる。

アイヌがどれだけアイヌの血を引く者を差別し食い物にしている現実
それを踏まえて壇上で言葉を吐くべきではないのか。
支部の役員たちが、協会の転覆を狙っているだとか、役員になって利権を狙ってるだとか私の主張に対して言っているが、正直に私は、協会のポストも興味ないしアイヌの利権にも興味は無い。(普通に行われている歌や踊りに対しては興味や存在意義を感じていますよ。)

ただ、拭えない血の一部として「アイヌ屋」の存在に怒っている。
そして、アイヌ屋の行為によって本質的に伝えられるべきアイヌの良い面が、新たな差別によって失われることへの懸念に対して声を出さずにいられないだけである。
何度でも言うが、歴史の問題も無視はしないが、正当な要求や歴史を作りたい取り戻したいと本当に願うのなら「今の体質でよい訳が無い」アイヌは民族等ではない!部族である。基本的認識に立ち戻る勇気こそ何よりも大切だと思うのだが。
お門違いの連中にハッキリという。
アイヌの歴史には暗く辛い歴史がある。だから要求するんだ!当然の権利だ!とか言ってるが、そう言うのなら今の「アイヌ屋の連中の仕業」を何と説明する。
アイヌには説明の要らない特別な人間なのか?アイヌ屋の仕業を歴史問題に摩り替える事に間違いを感じる私が間違いなのだろうか?
メールのような人達の気持ちが「一つでも」ある以上、今の運動のスタイルと利権に執着する資質への変化が必用と私は強く思う。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング