最近立て続けに新聞記事にアイヌ関連の…

本日の「さくらじ」をご覧になった方は
いかがでしたでしょうか?

もっと沢山の方に知っていただけたら…
もっと関心を持っていただける問題に発展してほしい重要な事柄と認識しています。

アイヌ利権問題は全国展開しようとしています。


話を元に戻しますが、
アイヌ関連ニュース
ここ2日間くらいの北海道新聞の記事を見て驚き(いや、驚くより呆れてる)

アイヌ民族副読本を改訂すると発表しました。
その記事の内容というか編集委員のメンバーのコメントが何とも情けない限りです。
歴史改ざんしてるのは、どちらの方でしょうか?

何を馬鹿な事言っているのか理解できません。


それから
カムチャツカ地方の人間も「アイヌ」ですって。
エー。
そこまでアイヌにするのなら、地球人みんなアイヌ認定ですか?
と聞きたい。



(管理人その2) 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

テーマ : アイヌ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

副読本について

4/12朝刊26頁。上の見出しに「・・・2001年から使ってきたのに・・・」といかにも口惜しそうでした。私の手元にもこの副読本がありますが、これは父兄から「どうせ学校では使っていないから」ともらったものです。
 本来であれば「2001年から使っていなかったのに・・・毎年2000万円!?」とすべきでしたね。
いずれにしても反日的記載が少し改まるまで道も国も予算を出さないということですが、
道新に載っている見直し後の記載「アイヌの人たちを旧土人と呼び差別的な扱いをしました。」なんていうのもありますが、
土人が当時もそして戦後しばらくも差別的言葉でなかったことは拙著『アイヌ先住民族その真実』に詳述してありますし、月刊誌正論上で鈴木宗男氏の差別的という見解を論破し、
鈴木氏もその後は差別的ということを言わなくなったことを考えればお認め下さっていると思います。
拙著を読んでいただければお分かりになると思いますが、この部分は、「アイヌの人たちを旧土人と呼び和人商人の搾取から保護し、子弟の教育や衛生思想の普及など一般国民とは区別して特別な配慮がなされた」とすべきです。

コメントで二風谷アイヌ資料館館長が歴史的研究を云々していますが、
厚真町では仏典を入れるための常滑焼壺が発見され、アイヌ出現の100年以上前、厚真町は奥州藤原領だったことが明らかになっています。
さらに平取町からは正倉院御物と同じ組成の青銅器(奈良時代ですよ!)まで出てきてしまって、もうアイヌが北海道の先住民族だという前提は物的証拠によって完全に覆されています。

 アイヌ副読本は現場で使われてもいないのですから、事業仕分けの対象の第一とすべきです。

 『縄文人はどこからきたか?』(2012:北の縄文文化を発信する会・編)、
国立科学博物館人類研究部の篠田謙一氏によると、縄文から続縄文期の北海道先住民に全く見られないミトコンドリアDNA(タイプY)がオホーツク文化人あたりから現れ擦紋期そして近世・現代アイヌへ受け継がれているということです。
ミトコンドリアDNAは母から子へと引き継がれますので、篠田氏はこのことから、
「縄文時代よりあとの時代にはいってきたものだろうと想像しています。特にYというタイプ(的場注:オホーツク文化人に特徴的)が入ってくるのはかなり新しい時代だろうと思います。」としています。
そして東北関東の縄文人、現在の沖縄人と北海道の縄文人はDNAに共通点を見出しています。
つまりアイヌは北海道の縄文人とは系統を異にし、後から入ってきたことがDNAレベルからも証明されています。
篠田氏もアイヌには北海道先住民に全く見られない・・・とアイヌは北海道の先住民ではないと明言しています。
そうなると「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」(国会決議)の次の文言「アイヌの人々を日本列島北部周辺、とりわけ北海道に先住し」は誤りであったことになります。
山田秀三氏の東北にもアイヌ語地名があるからここまでアイヌがいたというのも間違いで、東北および北海道のアイヌ語地名は縄文人が残したものであるとすべきです。
結局、北方にいたオホーツク文化人もしくはその系統が擦文文化人を駆逐して広がったのがアイヌであり、その百年まえには平取まで奥州藤原氏もしくは天皇の統治が行われていたということです。

ちなみに、北海道大学法医学教室に保存されているオホーツク文化人の骨の傷から判断するとこの人たちはかなり好戦的だったということです。
 この決議を推進した今津ひろし議員には早急にこの新事実を踏まえて国会決議の文言の訂正、もしくは破棄への行動を起こしていただきたいと思います。

正しい北海道の歴史、正しいアイヌの歴史の構築のために、道新もぜひご協力ください。

社会の木鐸

こんばんわ
 道新の報道姿勢には、今更ながら落胆を禁じ得ません。誰が、いかなる責任において然様な記事を掲載させるのでしょう。斯界の皆さんは、それ程にナイーブなのでしょうか。

 他分野では,それなりに踏み込んだ記事もあると思うのです。しかし、この分野では、確かに何かがおかしい。まっさらな購読者に、ストーリーを植え付けることは感心しない。頑なな姿勢は続くのでしょうね。

 
 
 

 

人であること

アイヌ問題は、考古、歴史、政治etcあらゆる分野が絡み合い生じているので、今回の「さくらじ」は、良い啓発となったことでしょう。
政治家でも学者でもなく、人として進み、挑むことは大切ですね!

はじめまして

さくらじ拝見しました。
私は九州人で、アイヌ問題については全く無知でしたので、
色々知ることができて興味深い内容でした。

仏師の円空の作品が北海道にはあるらしいですが、
昔から和人の行き来は結構あったのかな、と思いました。

また桜に出演されるのを楽しみに待っています。
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング