札幌大学ウレシパ奨学資金について

札幌大学
ウレシパ奨学生募集
札幌大学文化学部長 本田 優子
札幌大学文化学部で行われた「奨学金」と「アイヌ就学資金」の二重取りについてのお問い合わせを沢山いただいていますが、今、他の原稿に追われておりアップが遅れていますが少々お待ち下さい。
近日、必ずアップします。文章より「動画にした方が良いですかね?」

追記
今、人権擁護法案なるものが、閣議決定したらしいですね。
これが通ったら「日本は終わる」ね・・・・
よくメールやコメントで一番に逮捕されるとか要らぬ心配をいただくが、万が一法案が通っても
スタンスを変えるつもりなど微塵もないのでご心配なく。
アイヌ団体は部落団体や在日関係者を介してこの法案成立に後押しを強くしているね。
先住民決議に暗躍した保守系の老害もこの法案決議の後押しを諦めないから民主党だけがこの法案を通したいわけではないし、もともとの法案の出所が自民党で、そこにオカルト宗教団体も絡んでいるから根が深いよね・・・・
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

テーマ : アイヌ
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【札幌大学ウレシパ奨学】

札幌大学ウレシパ奨学生募集札幌大学文化学部長 本田 優子札幌大学文化学部で行われた「奨学金」と「アイ

コメントの投稿

非公開コメント

売国奴の最後っ屁

「近いうちに解散」で国民を油断させておいて、裏で新型治安維持法を推し進めるだろうとは思っていたけど、まさか本当にやるとは思いませんでした。

当法案が特定の人物団体の“人権”しか救済しないことは、当法案を推進する同和の週刊朝日『ハシシタ』での対応を見れば明白です。橋下氏は同和施設への援助を止めた張本人でもあり、同和団体は『ハシシタ』を看過(あるいは正当化)しておりました。

それにしてもマスゴミのダンマリには閉口します。
人権救済法案の極秘推進も産経が少し報じた程度。
普段から「いつか来た道」だの「軍靴の足音」だの喧伝している築地の某社は、この治安維持法の再来を歓迎する始末。
それこそ権力に媚びて率先して戦時体制に協力した日本マスゴミの「いつか来た道」を地で行く鈍感さです。

廿一世紀の「悪党の最後の隠れ家」は愛国ではなく、“エコ”と“人権”であります。
“人権”の隠れ家で不正を犯す悪党どもを暴く、ブログ主さまの活躍に期待しております。

チャンネル桜 統一教会 北朝鮮 在特会 世界日報 似非右翼

『本当に危険な人権擁護委員会法の改悪案』

まだ終わっていません!人権擁護委員会法の改悪案は、まだ阻止された訳ではありません!危険なのは人権委員会設置法案だけでは無いのです!

この改悪案は、犯罪者も人権擁護委員にするという恐ろしい内容です!加えて、この改悪案には外国人の人権擁護委員入を示唆する内容が書かれています!非常勤人権擁護委員の設置です!また、改悪案冒頭から人権擁護委員の暴走が想定出来る条文があります。それは、今までは法務大臣が人権委員をコントロール出来ましたが、この改悪案が通れば、好き放題やりたい放題になります。罰則がまるで無い為。

『一言で言えば、犯罪者に権力を与え、野放しにする法案。』それが人権擁護委員法の改悪案です!

嘘だと思うなら、今から法務省HP人権擁護局のページに載っている「人権擁護委員法の一部を改正する法案」の新旧対照表を確認しに行って下さい。

※この改悪案を読んでもイマイチ分からない方は、近くの法律に詳しい方に解釈して貰って下さい。そういう人が居ない方は、この改悪案をプリントし、役場の無料法律相談に行って教えて貰って下さい。役場の無料相談がやって無かったら、お近くの弁護士・司法書士・行政書士に改悪案のプリントを持って簡潔に書きなして貰って下さい。内容を解釈して貰うだけなら大体30分で終わりますから、5000円で済みます。

これもアイヌ利権でしょうか

いつも有益な情報を有難うございます。

先日ハローワークのインターネット版で、アイヌとの関わりが深くなければ到底採用されないような求人を見つけました。
公務員かと見紛うばかりの厚遇にも関わらず、求められる学歴は「高卒程度」。
必要な免許・資格も年齢も『不問』です。
必要な経歴に「アイヌ文化に関する研究や伝承活動に関わる経験を3年以上有する者」とありますが、一体全体どのような人物が採用されうるのでしょうか。
このご時世にこんなに恵まれた職はなかなかお目にかかれず、心底驚いております。

事業内容は「アイヌ語やアイヌの舞踊、工芸などのアイヌ文化の振興及び研究の推進の施策を行う」と書かれており事務職の正社員となっていますが、詳しい内容はハローワークまで行かないと開示されないようです。
簡単ですが、求人内容は下記の通りです。


基本給が207,000円~304,200円、地域手当 6,210円~9,126円、
賞与(前年実績)年2回・計3.95月分

基本給と地域手当を最大で計算すると『約500万円』にもなります。
この他に、扶養・住居・時間外・期末・勤勉・寒冷地手当が別途支給。
交通費は実費で月額:55,000円を上限に支給。
休日は土・日・祝日他で年間120日。
就業時間は8時45分~17時30分、休憩時間は60分、一月の残業は平均5時間。


ハローワークインターネットサービスから情報を抜粋し、当該ページのWeb魚拓を取っておきました。
http://megalodon.jp/2012-1114-0457-16/https://www.hellowork.go.jp:443/servicef/130050.do?screenId=130050&action=commonDetailInfo&kyujinNumber1=01010&kyujinNumber2=%0A30676021&kyushokuUmuHidden


私見ですが、求められるスキルに対してあまりにも条件が良過ぎます。
枠は一名なので確かに欠員募集なのかもしれませんが、不自然な求人と言わざるを得ません。
決めつけるつもりは無いものの、この求人はどなたかのために特別に用意されているのではないかと思えてなりません。
アイヌ利権の片りんを見た気がいたします。

反論するのもバカバカしいのですが

11月16日道新29頁(道北版)にまたまた瀬川拓郎旭川市博物館主幹が『動のアイヌ民族史』(11)で誇大妄想を発表しています。
「7~9世紀に東北北部から道央へ農耕民の移住者があったと述べた。・・・この移住者は、アイヌ民族に古代日本文化の影響をおよぼした。・・・アイヌ民族はそのなかで交易に適応した社会へと変容を遂げ、オホーツク人を排除しながら、サハリン、大陸、千島、カムチャッカへと次々と進出していくことになる。」
 何やら韓国人の法螺話のような誇大妄想で一々反論するのもバカらしいのですが、従軍慰安婦や朝鮮人強制連行などのウソ話も同様に道新の垂れ流し記事で、東川では強制労働感謝の碑まで建ってしまうご時勢なので一応の反論しておきます。
 因みに、このページの下の三分の二は、「全国パチンコ・パチスロ、ファン感謝デー」の広告ですから、まともな反論記事など載せる意志などないのでしょう。
 閑話休題、おまけに「アイヌ民族は農耕民の住居形式も取り入れた。調理用のカマドを作りつけた竪穴住居は、当時の本州の住居とかわらない。旭川市旭町1遺跡では、写真のように土器がカマドにかかった状態でみつかった。11世紀」と写真まで紹介しています。
 アイヌ民族と呼ばれる人々が北海道に出現したのは、どんなアイヌお抱え学者でも十三世紀ということで認識は一致しています。
 その代表的なお二方の例を示しましょう。
 ―アイヌ民族やその文化も、縄文文化を発展させた「続縄文文化」や「擦文文化」と大陸からもたらされた「オホーツク文化」の融合によって形成されたと考えられています。―(上村英明『知っていますか?アイヌ民族一問一答』)
 ―13・4~16世紀に形作られたアイヌ文化。―(平山裕人『アイヌ史の世界へ』)
 アイヌは早くて十三世紀以降に出現したことがはっきりと明記されています。さらに上村氏はオホーツク文化は大陸起源で樺太から北海道北部、南千島、奥尻などに広がり、アイヌに熊祭りをもたらしたとはっきり書いています。
 国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ長の篠田謙一氏の北海道集団のDNA頻度の変遷の研究結果からみても、アイヌとオホーツク文化人や擦文文化人との間に十三世紀を境にしてはっきりとした遺伝子タイプの変遷が明らかにされています。(『縄文人はどこからきたか?』北の縄文文化を発信する会・編)
 上村氏の見解はもちろん、篠田氏の研究から、瀬川氏の言うように「アイヌ民族はそのなかで交易に適応した社会へと変容を遂げ、オホーツク人を排除しながら、サハリン、大陸、千島、カムチャッカへと次々と進出していくことになる」のではなくむしろ信仰という民族文化の根幹的には支配されてしまったことがはっきりと示されています。
 なにしろこの瀬川氏が本州縄文時代とアイヌの出現に一八〇〇年の隔絶があるにもかかわらず、縄文期のイノシシ祭りが熊祭りの起源だという珍説を述べていますので、もう何を言っても無駄なのだと思います。
 北海道新聞は瀬川氏の『動のアイヌ民族史』でいったい何をしようとしているのでしょうか。歴史を捏造して竹島や尖閣領有をいいつのる韓国や中国なみの捏造記事は、もうすっかり道民に見透かされていることに気づいてください。
 それにしても旭川市の瀬川氏の博物館主幹という地位を利用した歴史捏造暴挙に対する対応は遅いと思います。

追伸

>おまけに「アイヌ民族は農耕民の住居形式も取り入れた。調理用のカマドを作りつけた竪穴住居は、当時の本州の住居とかわらない。旭川市旭町1遺跡では、写真のように土器がカマドにかかった状態でみつかった。11世紀」と写真まで紹介しています。
上について、拙著でも紹介していますが、それではなぜ明治になるまでカマドを使わずに囲炉裏で小屋の中をいぶしていたのでしょうか?カマドとアイヌの連続性など全くありませんでいた。
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
先月現役アイヌ協会役員を取材した(笑)先月現役アイヌ協会役員を取材した(笑)余計な仕事・・・・
  • 鎌倉彫 ふわふわ(曾祖母はアイヌ) 08/11
更新が・・・・公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング