札幌大学で行われた確信犯的詐欺行為「ウレシパ修学資金」弐



『この動画は修学資金とは無関係ではありますが、税金詐取の自覚がないアイヌ協会役員が、堂々と開き直りのコメントをしています。ニュース番組なんかで、何かの事件があると犯人が堂々と色々喋るあれと同じです。それに修学資金を14年間受け続けた羞恥心の欠片もない札幌支部長もコメントしています。こうした犯罪を犯している者達が税金を詐取しながら似非弱者を装い国の政策審議室の役員を務めている異常な現実とこれを野放しにするどころか歩調を合わせる高橋はるみ知事の背景も想像していただきたい』


ここから書く事は札幌大学で行われたアイヌ協会と札幌大学文化学部助教授本田優子によって行われたアイヌ政策を悪用した確信犯的「詐欺」行為であるが「アイヌ修学資金」について少し説明をしておきたい。


国の税金で行われる「アイヌ修学資金」
毎月約10万円近い貸付を受けられる
アイヌ修学資金給付は昭和51年、国庫補助を受けて、給付制度を開始したものである。
昭和57年には予算編成で、当時の給付額が国の一般政策として日本育英会法に基づく育英資金の貸与額を大きく上回る状態となり制度を改正し給付ではなく「貸付制度」に条例化されたものである。
昭和57年から平成19年度までの利用者は986人となっている。
又、貸付金額は24億9171万円である。
この986人中、返還者は1名だけである。
減免対象金額は21億1,612億円。
986人に貸付をして1人しか返済していないのである。
そして貸付制度を受けている、その多くのアイヌは50歳以上が殆どでだれも卒業していないし
そろって貸付の免除を受けている。

貸付条例第8号及び同施行規則11条により、借受者からの申請があれば返済の債務を履行できる事が困難であると認めた場合に返還を免除するとある。

この貸付制度、「生活に困窮した世帯の子弟」となっている。
免除対象の例を上げると、

札幌市に住んでいる単身者で借家に住み23歳の場合、年収585万以下なら免除の対象とするというものである。23歳独身で年収585万円以下が条件である。


生活が困窮している世帯の子弟に貸付する制度の減免規定が
「生活に困窮した世帯の子弟」だというのだから不自然である。
一般的修学資金貸し付け制度は
お金を借りて大学に通っている学生は、返済は勿論の事勉学に取り組んでいるかを報告しているが
アイヌはその報告すらしていない。ここに「アイヌ」がこの制度を悪用した根源がある。
又お金を借りた学生?は、20年かけてお金を返すのが普通だが、アイヌの場合殆んどが何年か金を受け取っただけで大学にも通わず免除申請を受けている。
この嘘の様な事実は「本当にまかり通っているのである」
この政策を道と協議した当時の協会は、卒業した正確な人数や休学中の給付の有無や14年間も給付を受けていた者の実態を納税者に納得できる回答をしなければならない。



この政策を受ける場合の殆んどは、長期借受者が殆んどである。
例を上げると
北海道アイヌ協会札幌現支部長に14年間総額1、213万2千円を貸付して、それを減免している上に
道はこの支部長に対し調査すらしようとしたが、札幌支部長は協会の会員費から弁護士をつけ貸付制度の調査は個人情報の侵害だと騒いでいる始末。札幌支部事務局を牛耳る役員親族で何億着服したのか?
ちなみに私が調べた範囲では札幌支部長は、某通信大学に入学申請をして講座を全く受けず卒業すらしていないどころか授業も受けていない。

認定条例偽った場合「10年間」さかのぼって減免を取り消し出来るのである。
24億という巨額なお金をアイヌ全体で詐取しているのである。
「差別や民族の独立」を謳っている協会がすることではない。
それにこの貸付制度は、協会の役員が貸付をするかどうか決めて、アイヌ以外も受けれるし、協会支部長様と仲良しになれば日本と掛け離れた者でも受けれるし、住所を偽装すれば北大准教授のアイヌやアイヌウタリ連絡会丸子美紀子の様に詐取できる。


道側は調査すれば条例に穴があったとしても通学もせず休学中も給付を受けていた実態を把握できるはずである。
放送大学や通信大学に通っている事にしシステムを悪用した卑劣な実態である。
986人がこの給付を受け卒業したものは、ほぼ一桁である。
だとしたらこの24億円は何に使われたのであろうか?

国の制度を悪用している状況でも札幌大学の本田氏は「これだけでは不十分だ!」アイヌはもっと権利を要求する必要があるとアイヌ協会の講演などでスピーチしアイヌ側から大きな拍手を受けている。

少し前、北海道新聞にアイヌの困窮はいまだに酷く、高校に通う約6割近くが途中退学している・・・など等という記事を目にしたが・・・・
高校生には返さなくてよい給付システムがあるし給付を受けていながら授業料を納めていないアイヌは、何にお金を使っているのだ?
授業料も払わないで学校に通わせて、授業料を納めていないから卒業証書をもらえないのもアイヌの差別問題なのか?給付を受けながら親子でパチンコ屋に出入りしていたりアイヌ文化活動と絵空事に終始しているからろくな結果にならない。

続く
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング