先住民決議の二の舞を突き進む自民公明

安倍政権が成立し僅かな期待を寄せるところではあるが、国土交通大臣に公明党の太田氏が着任をして正直、僅かな希望も失いかけているこの頃・・・・・
先日、北海道道議会で超党派によるアイヌ政策推進北海道議会議員連盟」が設立された。「先住民族であるアイヌ民族としての誇りが尊重される社会の実現を図るため、アイヌ政策の推進に寄与することを目的とする」
という趣旨での設立らしい。

『アイヌの人たちが民族としての名誉と尊厳を保持し、これを次世代へ継承していくため、道議会においても広く議員各位の賛同を得て、「アイヌ政策推進議連」を設立し、国のアイヌ政策に対する意見や提言も含め、道議会としてあるべきアイヌ政策について議論を深めてまいりたいと考えています。』
という事なのだが、アイヌ政策は税金詐取アイヌ犯罪の温床で、これまでも北海道議会・札幌市議会でも数々違法な問題点が取り上げられてきたが、何も解決しないどころか、税金詐取の主犯達が、国・道・市の政策審議室に入り込み協議を重ねている始末。

アイヌ税金詐取これを「高橋知事・上田市長」は黙認しているどころか加担しているといっても過言ではないことは何度も書いてきたが、アイヌ政策の多くは自民党と公明党が作り上げた負の歴史である。
不確かな「アイヌ」という言葉を使い国を二分化する政策と決議を繰り返してきた。
その悪しき代表例が「先住民決議」
アイヌ民族の権利を考える会「座長・今津寛」と鈴木宗男が音頭を取り決議されたのだが、この決議を切欠に
アイヌ側は、土地・資源・領土の返還と保障を求める要求を出しはじめ、それに留まらず「天皇陛下の謝罪」まで要求している。

北海道アイヌ協会札幌支部阿部一司支部長の下では、支部総会の議事録に堂々とアイヌによる「自治区・警察・学校」等の要求も行われている。
こんなことできるわけがないとか、たかだかアイヌの戯言と高を括る人や北海道の問題だからと揶揄する人も多いが、少し想像力を働かせて欲しい。
年間何十億もの税金が不正に詐取され国の分断活動に、弱者救済・伝統工芸文化保存・調査研究・という名目で使われているが、その殆んどは分断活動に使われており、活動の範囲は国外にまで及んでいる。
又アイヌ政策には在日や部落が深く関与し総合関係を確立。同和政策と旧土人保護法を研究しアイヌ政策の要求を巧みに行い確実にその範囲を広めているばかりか、従軍慰安婦問題や在日朝鮮人の運動とも深くリンクし人権擁護法案・外国人参政権にも密接に関係している。アイヌ政策推進審北海道議会連盟の設立はそれを間接的に後押しするに過ぎない。年々広がるアイヌ政策が全国展開されれば間違いなく、慰安婦問題や南京問題など遠く及ばない負の歴史を日本に展開する事になる。自治区の要求や天皇陛下の謝罪要求は決して馬鹿げた非現実的要求ではない。

人権擁護法案や外国人参政権は地方レベルで名称を変え色々な形で成立させようとする動きが止まらないところに
白老には100億近い税金を投与し公園まで作る構想が具体化している。
これは、町村議員のお膝元に北海道開拓記念館を持っていったプロセスの拡大版であり
公より私を優先した政治屋の負の遺産以外の何物でもない。
この構想の下で、土地の買収やアイヌ利権の拡大が確実に展開されている。

いわゆるアイヌの多くは学会の会員でアイヌの要求は公明党を通して操作され議会や国に取りあげられるのだが、ここで自民と公明の密接な駆け引きが必ず行われる。
先住民決議の時も党派間の駆け引きに巧みに利用し、自民党は道内の選挙区の議席を守るためだけにこの決議を通したと言っても過言ではない。

のちにこの決議に関する反省と内容について「国を二分化する危機を向かえる決議」であったことを勇気を持って発言し「正論」にても、これらの問題点について原稿を出した政治家は「西村信吾氏」ただ一人だけである。
議席を守るだけのために国を二分化する決議に奔走した「今津」税金詐取アイヌの代名詞の娘を党の副代表に置きアイヌ利権の拡大と領土問題をリンクさせようとした悪しきゴロツキ鈴木宗男。アイヌの票が多い地元で乗り遅れまいとアイヌの公園構想を持ち出した鳩山。この負の連鎖が今、再燃しようとしている。

旭川ペインクリニック院長的場光昭氏の言葉を借りれば
「国会決議がアイヌの将来を見据えた議論ではなく、政党間の駆け引きで多くの問題点を曖昧にしたまま行われた結果、アイヌには過度の期待とその結果の失望を、多くの道民にはアイヌに対する反感の結果としての差別意識を、そして国際社会については従軍慰安婦問題や南京大虐殺に、さらに加えて先住民族集団虐殺という新たな野蛮宣告をした結果を招くことである。
私もこの意見に強く賛同する。

今年の7月の参院選に向けて、先住民決議が行われた時と同じ構図の政党間の駆け引きが行われている。
政策を中心とした国民に対する表面的訴えの裏の駆け引きを私達は慎重に見極めなければいけないのではないか?
民主が倒れ自民が復活!自民批判は許さないではなく、民主を生み出した自民の過去と今のプロセスを私達は冷静に垣間見る必要があるのではないだろうか?
選挙に勝つためだけに、この国の歴史を捏造することが!小さな宗教政党の意見を聞き入れることが必要なのだろうか?たとえ選挙に勝ったとしても先住民決議の負は傷口を広めるばかりで、そこが膿みはじめる。
膿を誤魔化す為の超党派によるアイヌ政策推進会議室など絶対に許してはならない。

これを自民批判と受け取られようが私は構わない。
本当に日本を取り戻す!というのであれば、応援政党であったとしても声を上げる必要があると私は思っている。
強く美しい日本!には恥の文化があったはずである。
アイヌ政策や他の政策でも詐取を行う事を弱者の特権とばかりにする連中を野放しにすることは恥ではないのだろうか?
保守政党が率先して国を二分化する決議に走る事が保守と言えるのだろうか?
素人集団民主党が与党の時は、素人だけにあからさまだったが、長期政権の自民公明になるとそれは巧みになる。
今の自民は過去のツケと民主のツケ両方のツケを払いながら国政の建て直しをしなければならないが、選挙に勝つためだけの政党間の駆け引きは国益を必ず損なう。
復興問題を含めてそうだが、本当に日本を建て直し取り戻すためにこそ自民には厳しい意見が必要ではないかと私は思う。自民党万歳だけでは間違いなく日本を取り戻す二度とないチャンスを逃がしてしまう。

追記
昨年、11月26日に協会組織のあり方等検討委員会というのが、北海道アイヌ協会で行われたが、出席したのが
加藤・池田・阿部・豊岡・佐藤・差間という何とも詐取の代表格がこぞって参加し協会の運営について協議・・・
その中で、前釧路支部長・秋辺得平の問題に触れ、秋辺を訴える訴えないの協議を建前上したらしい・・・w
それも2名の弁護士に相談したらしいが、相談者というのが、秋辺と仲の良かった事務方の佐藤・竹内というから笑える。秋辺の税金詐取の指南役が相談して、訴えるにも支部も本部も金がないから訴えない。訴えるなら支部が訴えるのが筋で本部は無関係という結び・・・・
会費の中から支部会費と本部会費両方が徴収されているのに何のための本部なんだか?
訴えるも何も訴えれば自分達も痛くもない腹を探られることになるから訴えられるはずもなく。ましてや札幌支部長の阿部氏でいうならば印鑑偽造事件や近年発覚した札幌支部の領収書偽造事件や修学資金問題もあからさまにされるのは目に見えているから自浄力など発揮できるわけもなく、公益法人化して全国展開を目論んでいる最中に告訴に踏み切る勇気などアイヌにあるはずもなく、こんな団体が民族の誇りだと謳ってる姿は「卑しい」としか表現できまい。犯罪集団組織が全国展開したら、どれ程に国益を損ない税金を詐取されるか?その怖さを国民の皆さん全体で少しだけ考えてみませんか?

先日。税金詐取の手引きをした札幌大学の教授がいまだに教壇に立ち札幌市等のアイヌ政策に関わっているのは信じられないとのご意見を頂きましたが私も同感です。
こうした連中の問題解決もしないで何がアイヌ政策の推進なんでしょうね。
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

テーマ : アイヌ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ウィキペディアも情報操作?

ウィキペディア情報を元に書かれたと思われる作家平田剛士氏の道新コラムに対する私の批判を紹介します。
私はウィキをあまり見ないのですが、書き込みが自由だそうで、平田氏のような愛用者がウィキを信じて新聞にコラムをかくなどということが頻繁に起こるようでは、ウィキの書き込みによって歴史が改ざんされる可能性を強く感じました。これを読まれたコンピュータに詳しい方はアイヌ関連のウィキの内容をチェックしてもし不適切であれば訂正してくださることをお願いいたします。
平成二十五年一月十五日夕刊4頁
『60年遅れの書評』(平田剛士)において平田氏は書き出しで「インターネットのウィキペディアを重宝して使っていますと公言するのは、モノカキとしてちょっと気恥ずかしい」といっています。
 このコラムで知里真志保の著作を論じてはいますが、ウィキペディアを重宝して使いすぎると、こういう間違いをするという典型例なので、敢えて批判しておきます。
 まず第一点は、文中に旧土人を論じて、「旧土人とは〝もはや土人(=原住民の蔑称)ではない〟という意味」としていますが、こういう平田氏の旧土人認識で導き出される北海道開拓の意義は、前提が誤りである以上当然誤ったものとなって理解されましょう。
拙著『アイヌ先住民族 その不都合な真実20』において詳述したので詳しくは述べませんが、土人と言う言葉は戦後もしばらくの間は差別語ではなかったということを確認しておきます。土人というのはその土地に住む人と言う意味で、内地でもあるいは海外旅行記でもその土地の人という意味で、江戸期の文献から戦後の公文書にいたるまで普通に使われていました。
土人と言わず旧土人との表現については、明治三十二年二月二十一日の貴族院に於ける討議の記録に、「舊土人の此の舊と云ふ文字は、開拓使の頃にアイヌを稱して舊土人と稱へたが宜からうと云ふ、達がありまするので、其達は只今に於きましても、至極尤もな達と認めましたに依つて、此舊と云ふ文字を加へまして、法律に舊土人保護法と云ふ名目に致しました。」という答弁記録が残っています。つまり「旧(ふる)くから住んでいる土地の人」という意味で北海道旧土人保護法と名づけられたのです。
旧土人保護法が昭和の後半になって制定されたというのであれば平田氏の解釈も成り立たないわけではありませんが、その成立が明治であることを平田氏はウィキばかり見ていてスッポリ忘れてしまったのだと思います。歴史や政治問題に言及するには、面倒ではあっても一つ一つ当時の文献に自分で目を通すことは最低の義務といえましょう。
 第二点は、ウィキペディアで先住民族を引いてみると日本語版には、英語版にある〝先住民族の権利に関する国連宣言〟の言葉が載っていないことが、平田氏にとっては大変ご不満のようで、知里真志保を担ぎ出して、「もし知里博士が存命だったら、すかさずこう批評しただろう。『致命的な欠陥を含み、放置することはアイヌ民族の先住権回復を阻害する』と。」などと書き出す始末です。平田氏は知里真志保の虎の威を借りたつもりでしょうが、これも知里の文章をきちんと読んでいればこんな赤っ恥はかかずにすんだことでしょう。
拙著には北海道大学新聞や平凡社の百科事典に知里真志保が書いた文章を引用してありますが、昭和三十年の時点で知里真志保はアイヌ民族は滅んだと宣言しています。
「多くの人々は民族文化の保存といいますが、現実にはアイヌ文化は明治以前に滅びてしまつて、その後はいわゆるアイヌ系日本人によつてその文化が多少とも保たれて来たわけです。」(北海道大学新聞)
「明治以来の同化政策の効果もあって,急速に同化の一路をたどり,今やその固有の文化を失って,物心ともに一般の日本人と少しも変るところがない生活を営むまでにいたっている。したがって,民族としてのアイヌはすでに滅びたといってよく,厳密にいうならば,彼らはもはやアイヌではなく,せいぜいアイヌ系日本人とでも称すべきものである。」(平凡社百科事典昭和三十年)
 作家稼業であればウィキ情報を組み合わせて、面白おかしく、あるいは自分の筋書き通りに話をつくるのもよいとは思いますが、新聞のコラムはやはり正しい文献や歴史的時系列を念頭において読者に分り易く説明する義務があると思います。
 また新聞社の編集担当者はこうしたコラムを書かせるにあたって、明らかな間違いをチェックするだけの基礎知識を持っているべきだと思います。編集者までがウィキで事足れりというのだとすれば、もうこの新聞は救いようがありません。
 平田氏と編集者に猛省を促したく、駄々ら長い文章を書いてしまいましたことをお許しください。

夷酋列像の変な解釈

北海道新聞平成二十五年一月十九日(夕刊7頁)
夷酋列像の服装、あり得ない!?
〝松前藩とアイヌ民族教材に〟
 
記事は、国後島の指導者ツキノエの像をカラーで載せ、寛政元(1789)年のクナシリ・メナシの蜂起(寛政蝦夷蜂起・マメキリ・セッパヤらの一揆)いについてであるが、その原因を和人商人のアイヌに対する過酷な搾取としているが、和人商人と多くのアイヌたちの間に酋長一族が介在していたことには触れていない。
 事件の概要は、クナシリ場所請負人の飛騨屋との取引や労働環境に不満を持った国後島のアイヌが、首長ツキノエの留守中に蜂起し、和人商人を襲い殺害した。メナシのアイヌもこれに応じて、和人商人を襲った。松前藩が鎮圧に赴き、アイヌの首長も説得し蜂起した者たちは投降、蜂起の中心となったアイヌは処刑された。この騒動で和人71人が犠牲となった。松前藩は、鎮定後に飛騨屋の場所請負人の権利を剥奪、その後阿部屋村山伝兵衛に請け負わせた。
 「首長ツキノエの留守中」の蜂起には道新の記事は触れていないし、またそれが何を意味するかという考察は全くない。
 記事はさらに〝榎森教授に聞く〟として榎森進東北学院大学教授を登場させて、ツキノエの像について「当時のアイヌ民族がこういう衣裳を着ることはあり得ない」などと言わせている。北海道新聞とこれに迎合する榎森教授にとって、夷衆列像の酋長たち、別けても蜂起を起こした国後アイヌの酋長ツキノエがこんな立派な服を着ていたのでは、悪い和人対善良な被害者アイヌという構図が描けないためだろう。さらに榎森教授は「アイヌ民族に蝦夷錦を着せて城下に凱旋し、列像を京都の天皇に見せた。藩取りつぶしの危機を逃れるための演出だ」などと、あたかも当時の朝廷に、幕政に対する影響力があるかのような書き振りである。当時の江戸幕府と朝廷の関係を多少でも知っていればこのような馬鹿げた発想には至らないだろ。
 そもそも、「当時のアイヌ民族がこういう衣裳を着ることはあり得ない」どころか、酋長とその一族は和人との交易によって得た富を独占し裕福な暮らしをしていたのである。同じ頃北海道を旅して克明な記録を残した菅江真澄は酋長やその一族が富み栄え、何十人もの下僕や妾を抱えていた記録を残している。
平秩東作『東遊記』(一七八四)には東蝦夷の酋長たちについて、その妻は錦を着ていることを報告している。特にツキノエに関しては強豪で富み栄えていたとしている(詳しくは拙著『アイヌ先住民族その不都合な真実20』)。
蜂起の三十年ほど前に描かれた小玉貞良の〝アイヌ盛装図〟にも錦を着たアイヌの酋長とおぼしき人物が描かれている。
ツキノエが蝦夷錦を着る事はあり得ないどころか、大富豪のツキノエにとっては当然のことなのである。
 榎森教授は時折道新に記事を寄せているが、その根底にある〝和人=悪人、アイヌ=善良な被害者〟という思い込みが、明治になって十勝地方のアイヌを救った役人の努力を「搾取事件」にしてしまうという過ちを過去にも犯している(詳しくは拙著参照)。
 ついでながら、和人たちが一方的にアイヌの娘たちを奪ったという記載が多く見られるが、渡辺京二『黒船前夜』には少し時代が下るが興味深い記載があるので紹介しておく。
 *番人らのアイヌ女性への性的暴行についても、太平洋岸の白糠では、一人でもそのようなことする番人がいれば、四二軒、三百余人のアイヌが団結して、その番人を責めたてるので、そういう例は見られないと、これも武四郎自身が述べているのだ。大内余庵は安政三年、蝦夷地御傭として現地に足を踏みいれたのだが、当時エトロフで稼ぎ方の和人が漁期終えて帰るときに、アイヌメノコが歌う唄を聞いた。その歌詞の意は「今年シャモ地へ別れゆきて、来年また来るや来らざるや知れず、しかしそなたばかりがシャモにはあらぬぞ。またほかのシャモと寝るほどに」というのだった。メノコは泣く泣く和人の意に従っていたばかりではなかったのである。

骨から性格が分かる?

骨から性格が分かる?

 皆さんは「血液型による性格占い」を信じますか? 私は信じません。我が家は私と妻、子ども2人の4人家族でみなO型ですが、性格はてんでばらばらなので信じないのです。
 ところで、骨では性格が分かるでしょうか? ある人物が「北海道大学博物館に保存されている骨の傷からオホーツク文化人はかなり戦闘的だったことが示唆されます」と本に書いているのです。オホーツク文化人とは、古墳時代から鎌倉時代にかけて北海道東部、道北の沿岸にかけて住んでいた海洋漁労民のことです。
 硫黄島で遺骨収集が進んでいます。ひどい傷を負った骨も出てくるかもしれませんが、だからと言ってその兵士が好戦的だった、などと言えるでしょうか。
 いやいや戦場に動員され、死にたくないのに「バンザイ・アタック」を強いられた人が多かったのではないでしょうか。
 骨やその傷は、その人の生活史や受傷あるいは死亡原因を反映します。例えば、「ヒラメ筋」が付着する下腿部が発達した骨が見つかったら、足を使う仕事(飛脚とか、山の荷物を運ぶ強力とか)といった職業や趣味などを想像することができます。江戸時代、採薬師といって薬草を採集して山野を歩いた人物の骨が残っており、そうした骨の特徴が観察されるそうです。
 ところで、本を書いた人物と同様に私も網走の博物館や北大の博物館でオホーツク文化人の骨を見たことがあります。
 私は素人ですので、よく分かりませんが、①男性は上半身の骨格が発達している。筋骨隆々なイメージ②歯に著しい摩耗と歯石が観察される、ということが分かる程度です。
 ②に関しては、彼らは干した魚を食べることが多かったため、と考えられます。現代でも、コマイ(氷下魚)の干物で焼酎をぐいぐい飲るお父さん、歯石にはお気を付けください。
 さて①の所見に関してですが、彼らは海洋漁労民ですので海獣(アザラシ、クジラなど)を狙って猛烈にボートを漕いだと考えられます。今日では、例えば激しい練習を重ねる大学レガッタの部員。昔の映画だと「ベン・ハー」のガレー船の漕ぎ手の奴隷、などが連想されます。
  しかし、どんな労働、作業に従事していたのか推測、想像することはできても、性格まではどうにも分かりません。
 本に「好戦的な性格をしていた」と書いた人物は旭川の医師です。さすが素人と違って、医師ともなると骨から性格まで言い当てる。その見識に感心しました。
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング