スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

古物商とアイヌ

御注意を←クリック(都合の悪い事を質問されるとブロックして質問を受け付けない悪徳業者が多いですね)
古物商とアイヌ無関係なようで無関係じゃないのご存知ですか?
オークションなので所謂アイヌの何々という売り文句で出品されているものが多くありますが
御注意下さいね。
古い着物と偽り「作ったばかりの着物にペーパーを掛けたり洗濯機に木片を入れて洗濯し古着に偽装した物が沢山出品されています。」
これを分かっていながら売りに出す「アイヌ」の本当に多い事。
自然と共存し神の恵に感謝するアイヌとか羞恥心も無く語ったり踊ったりしていますが・・・・
基本的にはアイヌの制作を悪用し税金詐取したお金で適当に作っているから、古着と偽装で出品されるのを分かっていても売られていても平気なんですね。

先日、あるオークションに私の親父の盗作や盗品が意図的な形で出品されていました。
それも、背景を調べて行くと古物商の間で作品の写真だけを貸し借りしながら出品しているようで
違反申告をしても一切返答をしてくることはありませんでしたが、一件だけ私の元を訪ねてきた業者がいるのですが不思議な言い訳をしてきました。
私の父の作品と断定しておきながら
「知らなかった!勘違いでした!」という呆れた言い訳・・・・

この業者が来た時には、話にならない言い訳の連続で弁護士や関係者に相談し後日連絡をしますと別れた直ぐ後に
面白いですね。
翌日から嫌がらせの様に「盗品や盗作・・終いには本当に程度の悪い贋作」が出品され質問を出しても一切無視。
今回は流石に悪質なので資料を揃え関係各所に相談ししかるべき処置をとることに。
調べて行くと、アイヌ協会元役員が遥か昔に親父のところから持ち出したデッサン帳に挟まっていた物や
作品を偽造し新しい絵の具で描かれているものが出品されていたり、アイヌ協会の「アイヌ工芸展」に出品されていた物に手を加えた物だったり完全に犯罪行為であると認識できる「立件」できますという事案が数件あるという事なので告訴に踏み切る事に。
(先日、ヤフーのオークションで、ある業者から鶴の小物入れを落札された方がおりますが、もし、これをご覧になりましたら是非ご連絡下さい)

この背景にはアイヌ協会が「税金」で行っている「アイヌ文化交流」「アイヌ福祉政策」等で作られた物も異常な形で色々なオークションや展示会で販売されています。
アイヌの着物だけじゃなく、木に傷を付けただけでアイヌ彫刻マキリ!とかカラス玉にサンドブラストを掛けたアイヌ玉!という謳い文句で出品している業者や業者を偽るアイヌが多い事にご注意下さい。

追記
問い合わせを数件いただきましたので、ここでまとめてお答えしますが、札幌市中央区に「北海道画廊」という画商があり「砂澤ビッキ」の鑑定を勝手に名乗り商売をしている業者がございますが、砂澤家とは無縁の人物であり美術年鑑にも「勝手」に鑑定を名乗り商売をしておりますが、ここで「砂澤ビッキの物」と鑑定されても何の保証も確証もありません。この他にも、この業者も含めご質問がありましたらご遠慮なくご質問ください。

拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

コメントの投稿

非公開コメント

旗のこと

はじめまして。記事本文と関係のうすい投稿ですみません。

英語版ウィキペディアには、日本のマイノリティの旗として、
民団や部落解放同盟のものとならんで、
「アイヌ民族の非公式の旗」というものが掲載されています。
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Japanese_flags#Minorities

「アイヌ芸術家砂澤ビッキが(1973年に?)デザインした」という説明の事実関係についてと、
旗のこうした使い方について、何らかの公式の立場がございましたら
ご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

表現者にとって

作品がすべてであります。
そのような輩・業者を告発し実名を挙げてお知らせいただくことを期待しています。

北海道画廊


北海道画廊は、いい加減
・・・と言うより無知

佐々木栄松氏の浜中霧多布湿原から見た火散布方向デッサン画を
釧路湿原と称した紹介

鵜呑みしてしまう人多しは危うし

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エゾシカ対策、的場博士に教われ!

毎度お世話になっています。記事本文と関係がない投稿で済みません。

 北海道ではエゾシカが64万頭にもなり農業被害、森林被害が発生しています。また私の趣味の高山植物、山野草も食害され、頭に来ています。

 ところで損軽する的場光昭医学博士v-15のご著書によると明治時代には、アイヌに銃を持たせたらエゾシカをばりばり撃ちまくって絶滅寸前に追い込んだそうです。しかも銃を持っているのに「落とし穴」も掘ったそうです。私は弓矢の時代に、穴(ピット)を掘ってシカを追い落とした遺構は知っています。また、十勝管内陸別町にあるユクエピラはシカの追い込み猟をしたと知っています。しかし、銃があるのに落とし穴まで掘った狩猟民族のことは寡聞にして知りませんでした。的場博士の豊かな学識を損軽しますv-8

 シカ対策に自衛隊は役立ちません。そこで再びアイヌたちに銃とスコップあるいはパワーショベルを与えてください! そしてエゾシカを現在の十分の一くらいまで減らしてください。よろしくお願いしますv-421

 

Re: エゾシカ対策、的場博士に教われ!

> 毎度お世話になっています。記事本文と関係がない投稿で済みません。
>
>  北海道ではエゾシカが64万頭にもなり農業被害、森林被害が発生しています。また私の趣味の高山植物、山野草も食害され、頭に来ています。
>
>  ところで損軽する的場光昭医学博士v-15のご著書によると明治時代には、アイヌに銃を持たせたらエゾシカをばりばり撃ちまくって絶滅寸前に追い込んだそうです。しかも銃を持っているのに「落とし穴」も掘ったそうです。私は弓矢の時代に、穴(ピット)を掘ってシカを追い落とした遺構は知っています。また、十勝管内陸別町にあるユクエピラはシカの追い込み猟をしたと知っています。しかし、銃があるのに落とし穴まで掘った狩猟民族のことは寡聞にして知りませんでした。的場博士の豊かな学識を損軽しますv-8
>
>  シカ対策に自衛隊は役立ちません。そこで再びアイヌたちに銃とスコップあるいはパワーショベルを与えてください! そしてエゾシカを現在の十分の一くらいまで減らしてください。よろしくお願いしますv-421
>
>  
陰湿というか何というか・・・・
的場先生に直接メールされては如何か?
あっ!私も一言書かせていただきますが、アイヌが権利を持ったらろくな事はしないですよ。今の税金詐取の構図が物語っていますね。銃も同じ・・・

Re: 北海道画廊

> 北海道画廊は、いい加減
> ・・・と言うより無知
>
> 佐々木栄松氏の浜中霧多布湿原から見た火散布方向デッサン画を
> 釧路湿原と称した紹介
>
> 鵜呑みしてしまう人多しは危うし
美術年間に砂澤ビッキの鑑定と掲載していますが、再三の遺族のクレームに対してもまともな対応をしないばかりか、ビッキの知己が持っていたビッキの作品を偽物と騒ぎ立てる始末ですし、アイヌでもない床ヌプリをアイヌと紹介する「売れれば何でもいい」スタイルですからね。

Re: 旗のこと

> はじめまして。記事本文と関係のうすい投稿ですみません。
>
> 英語版ウィキペディアには、日本のマイノリティの旗として、
> 民団や部落解放同盟のものとならんで、
> 「アイヌ民族の非公式の旗」というものが掲載されています。
> http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Japanese_flags#Minorities
>
> 「アイヌ芸術家砂澤ビッキが(1973年に?)デザインした」という説明の事実関係についてと、
> 旗のこうした使い方について、何らかの公式の立場がございましたら
> ご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このデザインは確かにビッキがしたものでありますが、デザインをした当時とその後では大きな開きがあります。デザインの後にアイヌの体質に嫌気をさして距離を取ったビッキは、デザインを依頼してきた「かば」という人物とも距離を置き旗のデザインの使用自体にも苦言を呈しています。
これは、アイヌの住宅購入資金の使途や北海道で開催された食の祭典での横領やデタラメに嫌気をさしての苦言でした。ビッキはストレートに「俺を広告塔に使うな!儀式もデタラメばかり!観光の見世物で通用する事としない事がある」とはっきりと言葉を残しています。現在も名古屋在住の「エサマン」という自称アイヌが自転車に取り付けて似非アイヌ活動をしていたり、札幌でもポンペという元アイヌ協会役員がよく使っていますが・・使われ方が間違っているだけに遺族としては迷惑な行為です。

No title

床ヌブリ氏は容姿からてっきりアイヌだと思いこんでました。
和人の偽アイヌだとは知りませんでした。
山本多助あたりがアイヌ認定でもしたんでしょうか?

 「アイヌが遅れていた」という話

 前回は貴ブログの趣旨に添わない投稿だったようで、本当に申し訳ありませんでした。
 「遅れている」ことを自覚していたアイヌの話がありましたので、また性懲りもなく投稿させてください。的場先生も取り上げておられる、帯広の伏根弘三氏のことで「旧土人学校」の開設に私財を投じるなどの功労があった人物で、娘さんも詩人、クリスチャンだった方です。
 今回はその息子に関して、父親の弘三翁の述懐です。

 「顧みて見ると同じアイヌの中でも私共の十勝は後れたのであると思ひまして、私の子供を思ひ切つて勉強させることになつた。茲に於いてバチラー博士が御親切にも北海道中のアイヌの子供を撰びまして、教化団から費用を出して貰つて、中学校を卒業させて其上の学校に上げるといふことをきめた。その子供が急に死むでしまつた」(中略)
 「学校に行きましてもたまに泣顔をして帰つて来る。何といふ訳かと思つて『お前どうしたの』『いやどうでもない』といつて居るが見るとこの辺血だらけ『どうしたのだ』と斯ういふことを聞て居る内、急に病気をして死むでしまつた」
(中略)
 「家の子供が死むで二ヶ月経つてから妹(シン子さん)を連れて教会に行く、と其道端で妹が泣いた。『どうしたのだ』といふと、『ここで兄さんがお友達にいぢめられて、始は勝つたり負けたりしたけれども、終ひには負けてしまつて蹴られたり打たれたりした』。兄さんが『本当は誰かカバンでも持つて呉れゝば
私は負けるのではなかつた。お前は女だからこんな時には何にもならないなあ。併しながらお父さんにいつてはいけませぬ、お母さんにいつてもいけませぬ、私はどんなにいぢめられても、一生懸命勉強してえらい人になつたら、暴を以つて讎をうつのでなくて、文明の人になつて復讐をする決心であるから、お前もお父さんお母さんにいつてはいけない』といつたのだつたとふ話。お寺に行つた、丁度説教が始まり、家の子供は何をして居るかと思つて見ると、眼を真赤にして居つた。それから後、其子供のいぢめられたといふ道端を通るたびに、なんとなく胸くるしい心がする」

 以上は、伏根翁が1926年(大正15年)、東京でアイヌの実情報告を求められて話した内容です。坂田美奈「アイヌ口承文学の認識論 歴史の方法としてのアイヌ散文説話」(御茶の水書房 2011年)から引用させていただきました。

No title

パソコンも大分遅れて手にし、インターネットやらを見受けると、矢鱈在日、朝鮮の話題、ハングル語ばかり目につき、本当に嫌になります。全く興味もないし、多くの在日に散々ひどい目に合って来て、色々最悪な国と分かっていて、気味が悪いばかりですが、自然の流れで朝鮮人関係の話題ばかり見てしまい、具合が悪くなります。たまさかアイヌの話題が目に入り、見てたら昔から在日朝鮮と大きく関連、交流があるとの事、何故真反対の人種系、在住いきさつが全く違う同士が、交流や資金の自由な使途など、出来るのでしょうか?その中で混雑されている方々も結構おります。又、旧来、和人との混雑は殆どで、濃い薄いは別として、100%の人が和人の血を引いています。又、昔から何故か沖縄との強い協定絆があり、アイヌ協会への多額の資金が普通に全部沖縄に流入していますが、我々の血税が沖縄で使われている事もショックです。海を散歩していたら、めちゃくちゃゴミの漂流物で埋まっていました。そばに寄ったら全てハングル語、中国語。本当に日本の政治家さん自然を守って下さい。海も大事な自然ですよ!

Re: 旗のこと

> このデザインは確かにビッキがしたものでありますが、デザインをした当時とその後では大きな開きがあります。デザインの後にアイヌの体質に嫌気をさして距離を取ったビッキは、デザインを依頼してきた「かば」という人物とも距離を置き旗のデザインの使用自体にも苦言を呈しています。
> これは、アイヌの住宅購入資金の使途や北海道で開催された食の祭典での横領やデタラメに嫌気をさしての苦言でした。ビッキはストレートに「俺を広告塔に使うな!儀式もデタラメばかり!観光の見世物で通用する事としない事がある」とはっきりと言葉を残しています。現在も名古屋在住の「エサマン」という自称アイヌが自転車に取り付けて似非アイヌ活動をしていたり、札幌でもポンペという元アイヌ協会役員がよく使っていますが・・使われ方が間違っているだけに遺族としては迷惑な行為です。

ご教示いただきありがとうございます。最近バタバタしていて気づくのが遅れてしまいました。

自称アイヌや元アイヌ協会役員の活動はいかんともしがたいですが、ウィキペディアに関しては、もしお望みとあらば、こうした使い方をやめさせるように、微力ながらお手伝いできると思います。ウィキペディアは当事者が編集すると問題になりがちですので、第三者が編集するという形が良さそうです。ただ、ウィキペディアで何かをするには、外部にソースが必要です。作者やその遺族が上述のような旗の使い方に反対していることがわかるような記述が(日本語で良いので)公式サイト等にあれば、それをソースとして掲げて編集できます。何だかマッチポンプですが(笑)出すぎた真似をして恐縮ですが、一度ご検討いただけると幸いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱北海道が危ない北海道が危ない北海道が危ない北海道が危ない北海道が危ない
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。