札幌市議会議員金子やすゆき氏の発言について

アイヌ利権の主犯がコメントしてる新聞記事
一点突破の準備が揃うまでアイヌ問題を書くのを避けていたが今回の金子市議の発言で騒ぎが大きいので金子市議を支持する前提で書くが「アイヌはもういない」という出発点は不味かったと思う。現代アイヌが自称として使うまでの変換過程の中にアイヌと言う単語は「他称」として使われており「アイヌ」という単語自体は「男・人」という意味合いである。
それが、自称と変わり民族が付けられ弱者という変換過程を熟知した上での発言の必要があったと思う。

アイヌはいない!アイヌ民族はいない!という切り口よりも「旧土人」という言葉に戻って「土人は何を指しているのか?」所謂現代アイヌの定義とは何なのか?そして社会の系譜も文化も違い言葉も違い文字すらも持たず過去に一度たりとも一つの集団として形成されていない者達を「民族」と称するのか?800年以上に渡る混合をジェノサイド・エスノサイドとするのか?

そしてアイヌ協会は何故アイヌの定義を明確にしないのか?政策を確立する上で絶対的に必要な事を国もアイヌも何故に不明確にするのか?とする必要があったはずである。
旧土人の中には所謂アイヌ以外にもニブフ・ウィルタ(オロッコ)といった少数部族の者も含まれており、欧米列強の中で、こうした人達を保護する必要が日本にはあった。


現状でアイヌは居ないとしてしまうと、定義がない故に付け込まれるのは必然でもあり、アイヌ政策の瘡蓋を剥がすと言う行為は自民党の過去と現在の瘡蓋に塩をすり込む行為に他ならない。

増してや所属会派の中から塩を撒くとなると並大抵のことではないし、アイヌ利権にどっぷりの自民党古株議員と公明党からの圧力は半端なく受けるのは想像に容易いし、相手側に人権だ!差別だと騒がれる材料を与えたに過ぎないかもしれない。

この件でもう一つ心配なのは在特会関連の愛国コンプレックスが在日がアイヌを利用している論を持ち出し論点がずれるのが心配・・・・
くれぐれもマイクを持って騒ぐのは止めて頂きたいところ。
アイヌ協会が判を押せば成りすましではなく「アイヌ」として認められ日本のアイヌ政策が問題なのであって在日悪しき論の問題では無い。

それとナチスの純潔主義みたいのを言い出す人も居るが、歴史が常に動いている以上、人の混合など避けられないし、交易や開拓民の入植等、混合の環境はいくらでもある。

話しが少しそれたが、金子市議の声は支持したい。アイヌ問題は慰安婦問題よりも深刻な負の歴史を確実に日本に刻んでいる故に金子氏の様に疑問を投げかける勇気ある議員を応援したい。

最後に何度も言ってきているが「アイヌ問題」は北海道の問題ではなく日本の問題であり「アイヌは民族ではない」そしてイコール絶対的弱者でもない。「立派な日本国の国民である」
そして利権を生み出し日本悪しき論をでっち上げるアイヌ政策もアイヌ文化政策も必要ない。

新聞記事ではアイヌ利権の主犯格が国際的にも恥ずかしい等と厚かましくコメントしているが、アイヌ政策で私腹を肥やしているツケは誰が払うのだろうね。

注:ニブフ・ウィルタに対するご指摘ありがとうございました。 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。

金子市議の、一連の発言をネットのニュースで見まして、色々とネットサーフしている内に、こちらに辿り着きました。

ざっと読ませていただきました。動画も見させていただきました。衝撃でした・・・

当方、北海道出身の41歳の男です。北海道出身なのですが、子供の頃は、あまり耳には入ってこなかったようで・・・
大人になってから「アイヌ」を知り、色々、学ぶうちに、藤戸竹喜さんや龍童さんの事を知り、作品を手に入れたい!と思うようになり、その後、二風谷に行った時に、ビッキさんの事を知り・・・

こちらに辿り着いた時に「砂澤さん・・・まさか」って見たら、ビッキさんの息子さんなんですね!?更に驚きました!OKIさんは存じ上げておりましたが・・・

動画でのお話、衝撃でした。
自分は、彫り物が、アイヌ文化の入り口だったものですから・・・
広く浅く(苦笑)学んだつもりでしたが、こちtらでの内容は知らないことが、多すぎで、あまりにも衝撃で・・・

ちょっと見る目が変わってしまいそうです・・・
シャクシャインの銅像の傍で、たまたま居合わせた、ウタリ協会の方も、色んな話を聞かせてくれてたんですが・・・

何事も、しっかりと、行って、見て、学ばないと、ダメだってことですね・・・

すみません、コメントせずにはいられませんでした。

あ、竹喜さんや龍童さんの作品は、これからも追い求めます(笑)

失礼しました。

また読ませていただきますね!!




No title

>ニブフ・ウィルタ・オロッコといった少数部族

 ウイルタとオロッコは別の民族ではなく同じ民族です。ウイルタは自称で、オロッコが他民族の呼称。

 ですからニブフ・ウイルタ(オロッコ)と書けばよいですね。!(^^)!
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング