普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱

拙著『北海道が危ない』に海外在住の方からの貴重な意見や情報、そして同じ道民から寄せられた感想やメールお手紙を寄せて下さった皆様本当に有難うございます。

又道内の企業・団体からの講演の依頼も頂き重ねて感謝致します。
勉強会の希望は以前からございましたので来年から小規模な形ではありますが月一程度の割合で企画しております
詳細が決まり次第、このブログやツイッター等で告知させて頂きますね。
アイヌ史のまとめを始めた!アイヌ利権のネタは尽きたのか?という声を耳にしますが・・・・・
ご心配なく!自浄力の無いアイヌは現在もこれまで以上の利権を行使していますし、その裏付けを私は淡々と行っています。
暫しお待ちください。



さて、話を本題に戻して!
購読された皆様方の書評や情報を励みに二冊目の原稿に着手している最中ですが、
いわゆる「アイヌ」という『物』について基本的な物事を整理して行きたいと思います。

拙書にも書きましたが『アイヌ』とは本来『人・男』等という意味であると書きましたが、先ずはここから整理しましょう。
現在では『アイヌ』というものがアイヌを自称し北海道の先住民であり、平和に暮らし自然を愛するアイヌを和人が攻め入り全てを奪った!という短絡的で幼稚な二項対立論に付け加え『アイヌ=少数民族=弱者=被差別民族』という図式が支配的になっていますが、時代を精査し背景を裏付けて行くと私たちが『アイヌ』という『物』に対し間違った認識持っていた、その逆に自己都合に固執した所謂アイヌの出鱈目さが浮き彫りになってきます。
頭を柔らかくし『アイヌ』という単語を消して時代区分を先ずは分かり易い安政時代までタイムスリップしてみましょう~

『東エンチュウ・西エンチュウ・ソーヤ・ペニウンクル・シュムクル・サルンクル・メナシクル・トゥカチ』といった少数部族が、それぞれの系譜を持ち殺し合いや融合を行いながらも存在し
サハリン南部(南北約5百数十キロ)
クリル列島(本州の長さに匹敵する)
北海道(東西約8百キロ・現在の鉄道距離)
本州東北以北
この広大な領域に安政元年の時点で、先に書いた少数部族が約15、000人、和人が約6万弱の人口があったと新北海道史に記載されており和人と少数部族を合わせても現在の千歳市の隣恵庭市の人口程度、これが一か所に集中していたのではなく膨大な土地に点在していたのですが膨大な土地と書いてもピンと来ない方も居るかもしれませんが北海道だけでも現在の
神奈川県・大阪府・東京都・徳島県・宮城県・香川県・沖縄県・滋賀県・新潟県・埼玉県・石川県・京都府・奈良県13の府県がすっぽり北海道に収まるんです。

ましてや東北以北は殆ど、手付かずの状態・・・・・・
現在の様にインフラも整備されていない状況で熊・狼・やぶ蚊などに喰われ命を落とす確率が高い陸路より航路での移動がはるかに安全な時代の事です。

この時代に東北以北の厳しい自然環境の中で
1.採取活動を中心にし農耕を殆ど行っていない
2.文字を持たない
3.鉄物(針・刀等)は全てと言っていいほどに交易でしか入手し得なかった
さて、この当時でこの状況の東北以北に存在した少数部族が果たして統一された言語で一文化圏や統一された社会を形成していたと考えられるでしょうか?
言語に関しても方言や訛りがまだ地方に色濃く残っている時代に不可能に近いだけではなく
定住し農耕を行っている土地でさえ安定が難しいとされていた時代の事です。

弐に続く














拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

コメントの投稿

非公開コメント

今よみがえるアイヌのレコード

今よみがえるアイヌのレコード

2016年11月18日(金) 20時00分~20時43分  
NHK総合1・札幌

北海道だけの放送ですが、70年前に録音された
アイヌ民謡やアイヌ語語りのドキュメンタリー番組
が放送されます。

11/18放送で近々深夜の再放送もあるでしょう。

どうやらアイヌ語は祝詞や歌はある様ですが、現在
は会話はされない様で明治初期の入植者の子孫の
祖父母でも会話は聞いた事がない、そうです。

貴重な番組と思いますのでアイヌ文化や言語に興味の
ある方はご覧になってはいかがでしょうか?


部族の名称だけでワクワクします!

私は父方の曾祖母がアイヌですが、母方は東北の蝦夷です。

プロアイヌは、アテルイや安倍貞任までアイヌ≪民族≫に引き抜きます。
戦前は、奥州藤原氏までアイヌとされていたようで、これまたビックリですが。
勝手に父方と母方をごちゃ混ぜにされても困ります。

そもそも、アテルイは朝廷に使えていた役人です。
アイヌ≪民族≫は、古来より天皇の臣下だったのでしょうか?

現代において、「アイヌ」と呼ばれる人々には、
確かに日本古来の蝦夷の血も流れていると思います。
昔は国境なんて意味が無いですから、混交も進んだでしょう。

「縄文直系の先住民」に拘るから、アイヌの魅力が霞んでしまう。
源流は、シベリアどころか、中央アジアまでも遡れるらしいです。

アイヌと呼ばれる父祖の、果てしない旅を思うと胸が踊ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アイヌ協会は学問・言論の自由を弾圧する団体

的場 光昭氏がこんな投稿をしています。

アイヌ協会の言論弾圧・学問の自由への介入
http://8003.teacup.com/doshin/bbs

HNさんへ

このブログで以前にも書きましたが、的場氏が何を仰っているのか私は関知しません。二年ほど前でしょうかアイヌ問題を広げるためなら誰とでもどんな手段でも構わないと断言されているので私は氏の発言と氏が役員についている二枚舌団体に対して関わりを拒否していますので、申し訳ございませんが此処では回答をお断りいたします。
HNさん個人の質問若しくは見解に対してはその限りではございません。

細かいことですみません。

お忙しい中、すみません。
文中にある「ナメシクル」、「メナシクルでは?」と思ったのですが……。

※このコメントは、目をお通し頂けたら、削除で結構です。
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング