北海道アイヌ協会 阿部ユポこと阿部一司

abe
今月28日から政府との間でアイヌ民族の生活・教育支援を目的とした新法制定に向けて本格的な見当が始まるが
新法制定前に「アイヌ民族」の精査と「アイヌ政策」の精査を行うべきである。
北海道アイヌ協会阿部一司はこの委員会の副委員長を務めているが、阿部一司は妹多原良子らと結託し放送大学に通っていることを装い一族で十数年に渡り毎月10万円近い就学金を受け取りながら大学には通っていなかった。
これは、阿部一司だけではなくアイヌを名乗る者たちが行い過去に20億以上のお金が闇に消えており
これは国庫予算であり国民の税金である。
返済免除が容易いことや行政が関わりを避けるという側面を利用したアイヌの悪しき伝統。
阿部はこの事実に対して「違法ではないから答える義務はない」「受け取るのはアイヌの権利」と回答している。
こうしたものを頼りにしているアイヌの体質とアイヌ政策の実態、アイヌはこうした資金をパチンコ競馬の遊興費や借金返済に使い貧困だ!差別だと騒いでいる。このトップが阿部一司こと阿部ユポである。
ここを読まれた方々は、この阿部一司の顔と名前を忘れないでいただきたい。


アイヌではない方で、国から借り入れをし大学卒業後も返済に苦労されている皆さんは、このアイヌ政策と詐取の構図をどう思われるだろう?アイヌ政策の舞台裏はこうしたアイヌとそれを知りつつ黙認し職業的保身や利権に関与する連中の巣窟である。
阿部やアイヌ協会の実態が世に広まれば「アイヌ」とは逆差別集団、若しくは自立を拒む詐取集団の新たな代名詞として呼ばれる」のは必至であろう。
自浄力のないアイヌが招いた差別の再生産である。
伝統だ民族だと吠える前に前にやることがあろうに・・・・・・ 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

一本目の矢

しばらく更新をお休みさせていただいておりましたが、出版の準備のために差し控えておりましたが
このまま順調に行けば9月上旬には全国の書店で販売される予定です。
私はアイヌ問題に対し三本の矢は打ち込むまで止めないと決めており、今回、その一本目をやっと放つことができます。
詳細な内容等につきましては現段階では差し控えますが、北海道の歴史と体質、そして現代アイヌの実態をクローズアップし
「差別撤廃」という美辞麗句のもとでアイヌやそこに関わる者たちが何をしているのか私のストレートな言葉で書き上げました。
二本目の矢の準備も進んでおります、これはアイヌ史と現代アイヌを分かり易い表現方法を用いて世に出る予定です。 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

中国陰謀論の稚拙

「言語・方言サミット」那覇で開催

沖縄知事の国連出席に疑問=菅官房長官

上手いタイムスケジュールですね。ある意味流石というかなんというか・・・・・・・
だが、面白いというか正しくお花畑思想というか・・・・・所謂平和ボケというのか?

沖縄の最近の動向に対して
中国の陰謀論だ!工作論だと論じる一部の思考が硬直した自称愛国保守の稚拙というか幼稚さには笑いさえこみ上げてくる。
若しくはこうした既成事実作りに脅威も持だずに軽んじる流れには、本来「保守側こそが持っていなければならない現実感の滑落」に落胆さえ覚える」・・・・・・・・
確かに中国の関与は否定しないが「付け入る隙を作っているのも呼び込んでいるのも日本である事を棚に上げて」
中国陰謀論や工作論と言っておけば「登壇場やネットの上では楽である」し
問題の根本を考え打開策をようとしないでいられるので「被害者史観」という自己満足に陶酔していられる。
予定調和論が苦手な私からすれば「自分の問題検証能力をない」と公言している様なものである。
まっ・・・・・ストレートに書けば「陰謀論・工作論」を楯に危惧を煽るのは「自らが間抜けと公言しているのと同義語」
面倒を考えるのが苦手な様では勇ましく愛国を謳っても虚しいだけだあろう。
在特会系と同じで稚拙な論調に行動力や裏付けのない発言力を垂れ流す時間を持て余している自称保守も
意味不明な戦争反対論でヒステリックに騒ぐリベラルも似たり寄ったりの昨今。

沖縄知事の国連出席に合わせた方言サミットの開催!!ここから詰将棋が始まりますよ。
それもこれも「左翼が~!中国が~!」と羞恥心も現実感も持たずに騒ぐんでしょうね。
沖縄も北海道も多額の助成金補助金がつぎ込まれているのに、中国脅威論や陰謀論!左翼活動陰謀論に終始してて
実のところ地元の人間が確信に自らがメスを入れた「郷土論」を語れずして愛国論を語るのは「語り」ではなく「騙り」ではないのだろうか?と常々思ったりもし・・・・これではいくら、メディアや左翼側を罵ったところで勝てもせず保守層の底辺も広がらないと思うのは私だけでしょうか?ねっ? 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

これまでとは違う客観的意見が増えてきました。

アイヌ語
https://www.facebook.com/groups/1494961744095018/

前回ブログで紹介させて頂いた『沖縄戦英霊顕彰靖國集会』での峰崎椿さんのスピーチの様にアイヌ問題やアイヌ史に疑問と危惧を持ち客観的な視点で意見を述べる方が増えてきたことは本当に心強く思います。
今回は、私も参加しているフェイスブックのグループ『アイヌの真実』に合田一彦さんが投稿して下さった文章を原文のまま紹介させて頂きます。(アイヌの真実は公開グループまので、どなたでも閲覧投稿が出来ますので是非ご参加下さい)⇓
フェイスブック公開グループ『アイヌの真実

『 既に旧聞ですが、2009年のユネスコ発表の「独立言語」に「アイヌ語」が含まれており、しかも絶滅危惧として発表されています。

その時点でアイヌ語の話者は15人とされ、日常的に使う人は居ないと言われています。そりゃ僅か15人しか使えなければ、生活全般の会話が成り立ちませんので、日常的に使う人が居ないというか使いようが無いのが2009年当時の現状であり、実質、絶滅していると言って良いでしょう。

ところで、「アイヌ語」とは、果たして「一つの言語」なのでしょうか?

国連の下部機関であるユネスコに「アイヌ」を紹介する研究者が、意図的に「一つのアイヌ」を主張したとしか思えない理由を述べます。

まず、図を見て頂きたいのですが、これは同じくユネスコ発表の日本国内における存続が「重大な危険」または「危険」に分類された言語と、その地勢的配置です。

北海道とほぼ同じ範囲の沖縄周辺の言語では、「与那国」「八重山」「宮古」「国頭」「沖縄」「奄美」と、狭い範囲に6つの「独立した言語」として紹介されています。
これと同じくらいの北海道では「アイヌ語」ただ一つ。

しかも記事にあるようにサハリン(樺太)や千島列島でも話されていた、とありますが、次の図を見ると判るように、海を隔てた途轍もない範囲です。

仮に北海道と西日本を同じ縮尺で並べると、ご覧のように九州の南端から滋賀県や岐阜県くらいまでが同じ範囲に入ります。

また、統一王朝を持った琉球王朝・琉球民族とは異なり、アイヌは各族長を頂点とする少数部族での狩猟・移住生活を送っており、一度たりとも統一したことが有りません。

そうした歴史的経緯を踏まえてみれば、沖縄地方が6言語なのに、アイヌはどうして一つの言語に統一されていたと考えられるのでしょうか。

金田一先生の研究の時点でさえ、部族ごとの伝承(ユーカラ)の解釈が一筋縄では行かず、部族ごとの言葉の違いが解釈の妨げになっていたのは著名な話しなのに、それが何故、アイヌ語が一つの言語としてユネスコに伝わっているのでしょう。

それは、「アイヌは一つの民族」、「北海道の唯一の先住民族であった」というプロパガンダに使用するために、意図的に「一つの民族」という虚構を主張する材料として「アイヌ語という一つの言語」を主張しているに過ぎないのでは有りませんか。』
拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^

沖縄戦英霊顕彰靖國集会


アイヌ問題を言い出した時は多方面から売名行為だの金儲けだの誹謗され行政も政治家も聞く耳を持とうとしなかったどころか、政治家や弁護士から再三に渡り過去の瘡蓋を剥がしてどうするとも言われ続け、地元から内情を発信しても限界があると感じ『沖縄とアイヌの真実』を書いた小林よしのり氏に自分からアポを取ったものの、最初は凄い警戒されたのか直ぐには直接話が出来ず何度かメールのやり取りや電話での会話を通して理解を得られるようになり、その後は急ぎ足で小林氏の紹介でチャンネル桜の番組に井上和彦氏と出演したのが東京からの情報発信の始まりでした。

その後も、ゴー宣道場での講演、WILLや正論での連載もさせて頂きアイヌ問題を知り考えて下さる方が増えましたが
それでも、ここの皆さんは御承知の様に地方議員として真っ当な仕事をした議員が辞職勧告を受けるというのが『アイヌ問題の本質と怖さ』です。

私も再三に渡り鈴木一派とはここには書けない内容のやり取りがありましたし、本を出版した小林氏の元にはアイヌ側と宗男側から裁判も辞さないと言う内容証明が送られたりもしてきました。

誰も手を付けてこなかった問題を誰にどう伝えればいいのかいまだに模索中ではありますが、沖縄を通しアイヌ問題に意見と危惧を持って下さる方が現れたことで今後の取り組みへの大きな活力を頂いた感じがします。

私が沖縄とアイヌの共闘体制を知ったのが7年前、その後、東京でご一緒させて頂いた沖縄の宮城能彦氏との出会いが、アイヌを通して沖縄を遠巻きながら勉強する切っ掛けになりました。

本当は三年と言う期限でこの問題に手を付けたのですが
気がつけば8年目が過ぎています。
私は活動家でもなければ政治家や評論家を目指している者でもなんでもありませんので、いずれは自分の元の立ち位置に戻りますが、『アイヌ政策の違法性や日本国民としてのアイヌ論』がもっと広い範囲で自由に議論がされるようになり、今回の峰崎椿さんの様な方が増えてくれる事を強く願わずにはいられません。

追!アイヌやってればアイヌ協会役員や札幌支部長さま以下家来の皆様の様に豪邸に住んで詐取で左団扇なんでしょうが
アイヌ問題やっていて儲かった事等一度も無いどころか・・・・出て行く一方ですよw
鍼灸院で無料診察して印鑑を偽造して請求起したり、障害者でもないのに障がい者手帳を使って公共機関使ったり違法駐車してる連中の懐と一緒にされるのは迷惑至極ですよ。 拍手ボタンとブログランキングを押してくれると管理人のモチベーションがあがります^^
カウンター
アイヌ不正関連ニュースなど
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ不正関連ニュース
アイヌ不正関連動画
チャンネル桜「アイヌの真実」
砂澤陣チャンネル(You Tube)
"NEW!!"

対談
対談

北の縄文その矛盾点

他動画はこちらでご覧いただけます。
チャンネルJIN by YouTube
アイヌ問題の真実
(チャンネル桜)
さくらじ#28 北海道と沖縄のタブー、砂澤陣・宮城能彦 登場! 1/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

2/2【利権創造】報道スペシャル-アイヌ問題の真実[桜H24/2/4]

その他の動画は「チャンネル桜」の 「アイヌの真実」で
藤井先生と対談
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ FC2Blog Ranking
コメント+記事
公益法人と言うより広域人権暴力団税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる税金詐取組織団体が複合差別撤廃とは呆れる更新が・・・・更新が・・・・普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐普通の人には理解できるアイヌの矛盾・壱普通の人には理解できるアイヌの矛盾・弐
コメントにつきまして
コメントの際に名前がない又は冷やかしなどのハンドルネーム(HN)は公開いたしません。 本名を必須としている訳でもございません。ご理解下さい。 自動的にFC2側でスパムと判断されたコメントは「迷惑コメント」となるようです。 ご了承ください。
コメント歓迎しております。
トラックバックも同様に当ブログと関係のないトラバも出てきましたので確認後承認に変更します
プロフィール

砂澤陣

Author:砂澤陣
はじめにをご覧下さい。
現代アイヌの差別撤廃運動とその中身。アイヌを謳うアイヌの実態と行末。 原理原則を欠いた逆差別の実態。本質的意識改革の時代ではないのか?「アイヌを喰いものにするアイヌ達?」に強く問いたい。
アイヌ生活支援政策「修学資金」「住宅購入資金」「住宅改修資金」「職業訓練」を私欲の為に利用し似非アイヌを作り上げ、税金を横領する利権アイヌ屋を許してはならない。その他色々な情報を発信していきます。
Jin Sunazawa

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング